クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 数十億円は下らないマクラーレン「F1」にBMW「Z1」顔があった! ヘッドライトはなぜ交換された?
CLASSIC
share:

数十億円は下らないマクラーレン「F1」にBMW「Z1」顔があった! ヘッドライトはなぜ交換された?

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's

もっとも新しいクラシックカーの1台

 フェラーリ250GTO、アルファ ロメオ8C2900、クラッシックカーの世界には、このように20世紀を代表するといってもよい名車が数多く存在するが、その中でも最も新しい1台といえるのは、マクラーレンが1992年に発表し、1994年から1998年にかけて生産した「F1」ではないだろうか。本来このF1はレースへの参入など一切考えない純粋なロードカーだったのだが、その運動性能に魅力を感じた多くのプライベーターからの依頼によって、後にレース仕様車の製作も行われている。

空調完備の倉庫で保管された個体

 総生産台数は最終的に106台を数え、その中でオンロード走行が可能なロードモデルはわずかに64台。今回RMサザビーズ社のペブルビーチ・オークションに出品されたモデルは、製造順では59番目(S/N:059)となるもの。

 ツーオーナーで現在の走行距離は1万6400マイル(約2万6240km)に至っている。それが証明されるのは、車両に新車時からの各整備の請求書が残されていたためで、ファーストオーナーのジョン・スタッドホルム氏は、まず17番目に製造されたF1(S/N:017)を購入した後、「F1 GTR 14R」も入手。そして氏の名義で購入されたF1はこのS/N:059が最後になった。

 マグネシウム・シルバーにブラックのアルカンターラとレザーを組み合わせたキャビンは、F1では最もポピュラーともいえる仕様だが、スタッドホルム氏は納車からわずか7カ月後には、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)による整備を依頼。

 ハイ・ダウンフォースキットと18インチ径ホイール&タイヤが装着されたことが記録に残されている。その整備を皮切りに、2012年にS/N:059が2代目となるアメリカ在住の現オーナーの手に渡るまでの走行距離は1万6000マイル(約2万5600km)。

 いっぽう現オーナーは、それを彼の世界的なコレクションに加えると、大部分の時間は空調の効いた倉庫で保管していた。したがってRMサザビーズは、落札者には購入後のマクラーレンでの再点検を強く推奨している。もちろんこのモデルも、MSOによる万全のサポートが保証されるのは、ほかのF1ロードカーと変わるところは一切ない。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS