クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「ディーノ」がついに1億円オーバー! およそ50台のみ作られた「チェア&フレア」仕様とは
CLASSIC
share:

「ディーノ」がついに1億円オーバー! およそ50台のみ作られた「チェア&フレア」仕様とは

投稿日:

TEXT: 武田公実 PHOTO: 2022 Courtesy of RM Sotheby's

  • 80万2500ドル(邦貨換算約1億1100万円)で落札された「ディーノ246GTS」

国際マーケットにおけるディーノ相場に異常あり

 超レアなはずのクラシックカー/コレクターズカーが、なぜか立て続けに国際オークションへと出品されるという事態は、時おり見られることである。2022年5月末にRMサザビーズ欧州本社が開催した「MONACO」オークションにて、わずか50台が作られたにすぎないというディーノ246GTS「チェア&フレア」仕様車が、約7500万円という高価格で落札されたことは、先ごろAMWでもお伝えしたばかりである。ところが2022年8月下旬、北米カリフォルニア州モントレーで開催されたRMサザビーズ「Monterey」オークションにも、もう1台の「チェア&フレア」が出品されることになったのだ。

北米限定でおよそ50台のみのチェア&フレアとは?

 ピニンファリーナのアルド・ブロヴァローネとレオナルド・フィオラヴァンティによる見事なデザインに、スカリエッティの熟練工による見事な金属加工を施したディーノGTは、多くの点でフェラーリの未来形を示唆するものであった。

 彫刻的に美しいボディの下には、当時のフェラーリのロードカーとしては大胆な、レーシングカー由来のミッドシップ・レイアウトを採用。65度V型6気筒4カムシャフトのエンジンをドライバー背後に横置き搭載し、最適な重量配分を実現した。

 1969年には、206GTから進化したディーノ246GT、1972年にはタルガスタイルの脱着式ルーフを採用した「246GTS」が登場し、北米マーケット(一部の州を除く)では175psまでディチューンした2.4L V型6気筒が搭載されたといわれている。

 ディーノ246GTSは生産期間の短さもあって、作られた台数はわずか1274台という希少なモデル。さらにその中でも、「チェア&フレア(Chairs and Flares)」と呼ばれる、2つの専用装備を兼ね備えた北米仕様のオプション仕様車は、ディーノ愛好家の間ではとくに魅力的なGTSとされている。

 まず、フェラーリのV型12気筒エンジンを搭載したスーパーツアラー「365GTB/4デイトナ」から流用された、本革張りのスペシャルシート。そしてグループ4のレーシングカー譲りのフレアしたホイールアーチが、ディーノが本来持つ美しい流線型のボディラインにアグレッシブさを加えている。

 さらにこのホイールアーチを埋めるように、7.5インチ幅のカンパニョーロ社製マグネシウム合金ホイールが装着され、このオプション仕様のスタイリングを完成させたのだ。

 主に北米市場向けのオプションだったという「デイトナスタイル」の本革シートと、同じく北米での交通法規を満たすために幅広のホイールアーチを与えられ、246GTSとしては望ましい仕様とされる「チェア&フレア」の製作台数は、約50台といわれる。

 それぞれのオプションは単独でオーダーすることが可能だったそうだが、両方のオプションを兼ね備え、コンプリート状態で製作されたGTSは、非常に希少だったのである。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS