クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • ついに6億円オーバー! フェラーリ「288GTO」はもはや別格扱い! スペチアーレの高騰で予想されるオークション動向とは
CLASSIC
share:

ついに6億円オーバー! フェラーリ「288GTO」はもはや別格扱い! スペチアーレの高騰で予想されるオークション動向とは

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2022 Courtesy of RM Sotheby's

オークションのバロメーター「スペチアーレ」

 2022年8月中旬に北米カリフォルニア州モントレー半島一円で開催された「モントレー・カーウィーク」における最大規模のオークション、RMサザビーズ「Monterey(モントレー)」では、昨今のクラシックカー/コレクターズカー・マーケットの高騰ぶりを示すように、高価格の落札劇が続々と展開された。

 なかでも、2010年代中盤以降には市場全体の市況を図るバロメーター的存在ともなっているフェラーリ「スペチアーレ」モデルたちの高価落札は、すでに世界のメディアでも報じられているようだ。今回はその中でも注目すべき1台、スペチアーレの開祖たる「288 GTO」のレビュー(事後レポート)をお届けしよう。

フェラーリ製「スペチアーレ」の開祖にして「パイパーカー」の先駆け

 フェラーリ288 GTOは、今や世界レベルで展開されている「ハイパーカー・ブティック」のパイオニア。フェラーリのみを見ても、記念すべき「F40」と「F50」、「エンツォ・フェラーリ」、そして今日の比類なき「ラ・フェラーリ」といった、非常に魅力的なモデルの先達と見なすことができる。

 1984年に導入されたFIAのグループBレース&ラリーホモロゲーションレギュレーションから生まれた288 GTOは、世界耐久選手権レースやWRCシリーズに参戦するため、モータースポーツへの供用を前提に作られたことでも有名。いずれの参戦も果たせなかったものの、妥協なく設計された真のスーパーカーであることは間違いない。

 発表時の正式名称では、単に「GTO」と呼ばれたこのモデルは、「308 GTB」よりもホイールベースを約20cm延長した頑丈な鋼管シャシーに、4輪独立懸架サスペンションと大型ベンチレーテッドディスクブレーキを装備。「コンペティツィオーネ基準」のハンドリングを実現した。

 縦置きミッドシップに搭載されたティーポF114B型 V8エンジンは、バンクあたりDOHC/気筒あたり4バルブで、ウェーバーマレリ製電子燃料噴射装置やIHI製ツインターボチャージャー、ベーア製デュアルインタークーラーにより400psをマーク。公称305km/hの最高速度と、停止状態から60マイルまで4.9秒という優れた加速性能をもたらした。

 ボディの主要パネルは軽量グラスファイバー製で、ボンネットとルーフはカーボンファイバーとケブラー混成。やがてスーパーカーの主流となる、カーボンファイバーボディを予感させるものだった。

 いっぽう外観は308 GTBに似ているが、フロント8インチ/リヤ10インチのホイールに合わせて前後フェンダーは柔らかなラインで拡幅。また、風洞実験の成果である大型スポイラーを前後に装着したアグレッシブなデザインとされた。くわえて、リヤフェンダーのホイール後方に3本のクーリングスロットを備えていたのは「初代グラントゥリズモ・オモロガート」である名作250 GTOへのオマージュであった。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS