スズキ新型「スペーシア ベース」の推奨グレードは? アウトドアで使うマイカーとして選んで間違いありません! (1/2ページ)

スズキ新型「スペーシア ベース」の推奨グレードは? アウトドアで使うマイカーとして選んで間違いありません!

中身はほぼスペーシアと同じ

 4ナンバーの軽商用車としてデビューしたスズキのスペーシア ベース。じつは、これまでの軽商用車とは別物の仕立てであり、アウトドアや車中泊に対応するだけでなく、乗用軽自動車としても十二分に使えるスーパーハイト系軽自動車に仕上がっているのである。

 その成り立ちは、両側スライドドアを持つ乗用軽自動車のスペーシアのNAモデルをベースに、MC前のスペーシアカスタムの顔つき=フロントグリルを与え、スペーシアのクロスオーバーモデルであるスペーシア ギアの撥水シート地、ルーフレールを採用したというもの。

 エンジンは52ps、6.1kg-mのスペーシアのNAユニットのみとなるが、CVTなどもスペーシア用となり、足まわりはスペーシアとほぼ同じ。155/65R14サイズのタイヤは商用車用ではなく、ワゴンRスマイル用の空気圧を、積載耐荷重200kgに対応するため、2.4kgf/cm2から2.6kgf/cm2に高めている。

 つまり、4ナンバーの商用車とするための後席から後は別にして、エクステリアデザイン、中身はほぼスーパーハイト系軽自動車のスペーシアというわけだ。

スペーシアにはできないアウトドア向けのアレンジ性を持っている

 インテリアにしても、インパネはカラーコーディネートが異なるだけで、スペーシアそのもの。ただし、前席はスペーシアのセミベンチシートではなく、セパレートシートになっている。

 そのかけ心地はほぼ乗用車、スペーシアと同等と言ってよく、ライバルの、例えばホンダN-VANの耐久性重視の運転席、補助席的な助手席とは大違い。普通に快適なかけ心地となる。

 もちろん、後席はあくまで商用車だから、大人の着座には向かない仕様だが、畳むとちょうどいい後ろ向きのふたりがけの椅子となり、標準装備のマルチボードをテーブルとして使えるなど、スペーシアにはできないアウトドア向けのアレンジ性を持っているのだから、楽しい。

 ちなみにリヤクォーターウインドウ部分はガラスが外され、リヤクォーターポケットとして使える工夫がなされ、道具感、秘密基地感を増幅してくれる。スペーシアでスリムサーキュレーターとなる部分も、オーバーヘッドシェルフ(XF)に活用している凝りようだ。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

スズキ・スペーシア ベースは超万能なクルマだった画像はこちら