1014馬力の40台限定アストンマーティン降臨! 「ヴァルキリーAMR Pro」は「F1とLMPを足して2で割ったマシン」だった (1/2ページ)

1014馬力の40台限定アストンマーティン降臨! 「ヴァルキリーAMR Pro」は「F1とLMPを足して2で割ったマシン」だった

総合スポーツカーブランドへの先鞭をつける限定ハイパーカー

 アストンマーティン・ラゴンダは今、新たなオーナーの元でサウジアラビアを中心とした豊富な資金を得て、大胆に変わろうとしている。美しきグランドツーリングカー専門のブランドから、F1を頂点とする総合スポーツカーブランドに。フェラーリ的ビジネスモデルへの転換だ。

 まずは3億円超の限定ハイパーカーを奇才エイドリアン・ニューウェイとともに作り上げたのだ。その名は「ヴァルキリー」。さらにその高性能版にしてトラック専用マシン「ヴァルキリーAMR Pro」を発表。続いてもう少し安い、と言っても乗り出し1億円オーバーのミドシップスーパーカー「ヴァルハラ」の導入を決定する。そのうえこの先、まだ見ぬミドシップカーが登場する可能性もあるという。

開発者の理想をサーキットで実現

 新時代の幕開けを告げたヴァルキリー。ロードバージョンのデリバリーはまだ始まっていないが、後から発表されたトラック専用マシン「AMR Pro」の納車が先に始まった。公道用のレギュレーション対応がない分、作れば即販売できるのだろう。

 世界限定40台。お値段は推定4〜5億円。2022年7月、18番目の個体がついに日本にも上陸し、富士スピードウェイにてオーナーへとデリバリーされ、その場でシェイクダウン走行が行われた。

【関連記事】5日目終了で三菱「トライトン」がトップを維持! 全車、最後のSSが待つカンボジアへ入国【AXCR2022】

アストンマーティン「ヴァルキリーAMR Pro」

 1000psのコスワース製6.5L V12自然吸気エンジンをリアミドに搭載。バットマンカーのようなエクステリアデザインもさらに衝撃的で、ロードカーのヴァルキリーも見るからに空力の化け物だったけれど、AMR Proはさらにえげつない。高次元のサーキット走行を考慮して、全長、ホイールベース、前後トレッドといった主要ディメンションの全てが延長されており、ヴァルキリー比で2倍のダウンフォースを発生させるという。

 開発の起点はヴァルキリーベースのル・マン用ハイパーカー・プロジェクトだった。その後、レースレギュレーションの制約を受けないレーストラック専用マシンとして開発されたため、開発者が理想とした最高の性能をサーキットにおいて実現するマシンとなった。