ホンダ初代「シビック」が20台集結! 「生誕50周年記念イベント」が佐久「エンドレス130コレクション」で開催

ホンダ初代「シビック」が20台集結! 「生誕50周年記念イベント」が佐久「エンドレス130コレクション」で開催

オーナーの交流の場として開催!

 2022年9月18日、長野県佐久穂町にある「ENDLESS 130 COLLECTION」で、「シビック生誕50周年記念イベント」が開催された。台風14号が迫りくるなか、通り雨があったものの晴天で終了となった。

 同イベントの主催は、初代シビック オーナーズクラブの「CLUB SB-1」で、1987年に「白樺湖ミーティング」という名でスタート。コロナウイルスの関係もあり、2020年と2021年は開催できなかったものの、今年で34回目を迎える。

 会場に向かうとズラリと並ぶ初代シビック(SB-1)は、なんと20台。参加者も「こんなに集まることは珍しい」というほどだった。また、50周年を記念し、歴代シビックが17台集結した。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

シビック生誕50周年記念イベントが開催画像はこちら

 イベントとしては、何かしなければならないというルールがあるわけではない。開会式が終わると、フリータイムになる。久しぶりに会った仲間とクルマ談議に花を咲かせたり、気になるシビックの写真を撮るなど、自由なスタイルでミーティングを愉しむ姿が見受けられた。

 さらに、オーナーたちの持ち寄りによる、ガレージセールが行われた。貴重なパーツやポスターなどが出品され、人だかりができていたのも印象的だった。手に入れたパーツを片手に、次なるカスタムのプランを考えたり、そこから広がる繋がりもあったようだ。

 また、会場となったENDLESS 130 COLLECTIONに展示されているレストア車両の見学もでき、同伴者は涼しいスペースでクルマを眺めていたり、カフェスペースでゆったりと過ごしていた。

 今後の展開についてCLUB SB-1会長の中川 昭さんは「2年ぶりにイベントを再開できたことに感謝しています。まだまだコロナウイルスがどうなるかわかりませんが、来年以降も皆さんとお会いできるようにしていきたいと思います」と語る。

 気になる方は、「初代シビック ネットクラブ 1st gen CIVIC net club」をチェックしてほしい。