ホンダ・シビックは本当に凄かった! 感動必至の歴史を振り返る (1/2ページ)

noteで書く
ホンダ・シビックは本当に凄かった! 感動必至の歴史を振り返る

この記事をまとめると

  • 1972年に登場したホンダ・シビック(初代)
  • 求めたのは軽量なボディと相対的に十分なパワー
  • 進化につれて肥大化していくことに……

パッケージングに優れていたシビック

 アコードとともにホンダの屋台骨を支えてきたシビックは、1972年の7月に登場。今年は誕生から50周年ということで、オートモビルカウンシルでも特設のコーナーで展示されていました。50年間の後期、20年ほどはモデルチェンジの度にサイズアップしているシビックですが、50周年を機に、原点をもう一度考えてみることにします。

それまでの常識や価値観を覆したコンパクトカー

 初代シビックは、本当にコンパクトなクルマでした。ボディの3サイズは3405mm×1505mm×1325mm。これは軽乗用車、現行のN-ONEと比べても10mm長く30mm幅広いだけ。2カ月後に登場したGLは大型バンパーを装着していて少し延長されていますがそれでも全長は3545mmでした。

【関連記事】大ヒット狙いのメーカーの自信作……のハズがアレ? 目論見ハズれた平成の不人気車5選

ホンダ・シビック画像はこちら

 車両重量も630kgで、対衝突性能に関して車両規則が違っているとはいえN-ONEよりも200kg以上も軽量に仕上がっていました。そのために最高出力は60psと現在の軽自動車程度、ハイパワーモデルには遅れを取るほどですがパフォーマンスは充分。思い出してみれば大学時代の余分な2年間からサマリーマン時代の初期に、足に使っていたRSで、キビキビ以上の素早さで走り回っていたことを思い出します。ホンダ・シビック画像はこちら

 そう、必要なのは絶対的なパワーではなく、軽量なボディと相対的に十分なパワー。そして学生時代に研究室の巡検で四国の山を走り回った経験からも、驚くほど広い室内ではなく、ふたり+αが乗り込めるだけのスペースがあれば必要にして十分、そう教えられました。

 それまでの世間の常識ではゆったりとして広い室内、有り余るパワー、そして流線形(?)の格好いいスタイリング。それがクルマの価値と思われていました。その悉くを否定したのが初代シビックでした。ホンダ・シビック画像はこちら

 コンパクトだけれど4人が乗るには不足ない室内スペースと、数字的にはアンダーパワーなはずだけれども軽量ボディが幸いしてきびきびと動き回れるフットワーク。そしてたいていの場合は必要としていなかったトランクを切り落とし、荷物の取り出しに便利なリヤのハッチゲートを設ける。そんな、それまでの常識では売れるはずのないシビックを、ベストセラーにしたのは販売手法。ホンダ・シビック画像はこちら

 一般的にはトップメーカーのトヨタが得意としていると思われがちですが、当時のホンダは世論を誘導してシビック=新しい格好良さをアピールしていったのです。聞くところによると、技術者としてだけでなく、デザインセンスもお持ちだった本田宗一郎さんも、シビックを最初に見たときには「チンチクリンで寸足らず」。……伝言ゲームの繰り返しで一字一句間違いがないかは自信がありませんが、そのような感想を口にされたそうです。ホンダ・シビック画像はこちら

 しかしすぐに、その合理性を理解されたそうですが、多くのホンダファンは、この2ボックススタイルが新しい格好良さだと納得し、購入を決断することになりました。その後も公害対策……今でいうところの環境性能に秀でたCVCCを開発し、国内外のビッグメーカーにライセンス供与したり、あるいはバルブタイミングとバルブリフトを回転数や負荷などに応じて切り替えられるVTECシステムなどさまざまな新技術が盛り込まれ、シビックはロングヒットを続けるモデルに成長しました。ホンダ・シビック画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー