300台が即完売! タイプRに「鬼チューン」を施した「シビック無限RR」の刺激的すぎる中身 (1/2ページ)

300台が即完売! タイプRに「鬼チューン」を施した「シビック無限RR」の刺激的すぎる中身

スパルタンな印象のFD2型シビックタイプRがベース

 2003年登場なので、現在では古い部類に入ると思われるFD2型シビック・タイプR。インテグラを吸収した感のある4ドアセダンで、その後のモデルは限定の時期もあったため、今でも熱い思いのユーザーが多数いると感じているが、このFD2型もとんでもないタイプRだった。

【関連記事】走行約10万キロの中古「R33GT-R」が大変身! ニスモ大森ファクトリーのデモカーは究極の「グランドツーリングカー」

FD2型タイプRと歴代タイプR画像はこちら

 本質がサーキットベストであり、4ドアセダンでありながらもあまりに走りに特化していた。そのために日常使いで買い物に行くような際には乗りたくないほどの本格派、どころか本物。それこそ箱根の峠道で撮影するときは、誰もがFD2のステアリングを握りたくなるのに、都内へ戻るときには譲り合いが起きるほど。とにかく峠道は最高に楽しいが、一般道での快適性を無視したのではないかと思うような乗り心地だったので、ホンダの本気をここに見た! などと感じたものだ。

 ほぼ同時期のCL7型のアコード・ユーロRがあまりにもスポーツ性と快適性を高い次元で両立していたのにも関わらず、FD2はスパルタン。同じRでも「タイプ」と「ユーロ」でキチンと差別化がなされていた。まさにホンダの目論見道理の結果が得られたわけだ。

アクセサリー用品もヒットするほどの人気ぶり

 そこで人気を集めたのがホンダ・アクセス。メーカー直系から発売されたダンバーはスパルタンなFD2の角を曲げてくれて、なんとも良い塩梅。タイプRからユーロRに変えられる5段階調整機構サスペンションキットを18万円以下(当時:税抜き)で販売したことから大ヒット。そんな新車記事を書かせていただいたが、のちにディーラーの知人に伺ったところ、ディーラーで新車時から装着できるこのアクセスのパーツが大人気に。

【関連記事】走行約10万キロの中古「R33GT-R」が大変身! ニスモ大森ファクトリーのデモカーは究極の「グランドツーリングカー」

ダンパーの調整ダイヤル画像はこちら

 オプション品だから家族にばれずに装着できることも多いらしく、かつてないほど人気だったことから(ローンで支払うと月々の支払は変わらないぐらいに安いこともプラスに働いた)、知人に「あの記事のおかげです」と感謝されたことも覚えている。

刺激的な走りをさらに際立たせた限定モデル

 そんなFD2にはスペシャルなモデルがあった。それが独立系ながらホンダのチューニングの顔として知られている「無限」が、一部の正規ディーラーにて300台限定で販売したのだが、すぐに完売。歴史的モデルとなる。前置きが長くなったが、無限初となるコンプリートカー、伝説のシビック無限RRを振り返る。

無限RRのフロントスタイリング画像はこちら

 ホンダとは完全な別会社ながら、F1参戦経験もある無限が手掛けるパーツは、すでに高い評価を得ていてファンであれば誰でも知る存在。無限初となるコンプリートカーとして、このRR(ダブル・アール)は300台の限定発売となった。

 特徴は、エンジンのカムプロフィールを専用として、ラム圧を稼ぐダクトレイアウトと大容量のエアボックスを持つ吸気システムを採用。排気マニフォールドと低排圧を達成するデュアル排気システムを備えることで、K20A型エンジンからプラス15psを達成する。最高出力は240ps/8000rpm、最大トルク22.2kg-m7000rpmを発揮。高性能なi-VTECエンジンをメカチューンでさらに磨き上げた。

無限RRのエンジン画像はこちら

 減衰力5段調整式ダンパーと軽量かつ高剛性専用鍛造ホイールに、ブリヂストンと共同開発したポテンザRE070RRスペックというグリップ力が強大なタイヤの組み合わせもあって、走行性能と快適性を両立。ブレーキもスリット入りのローターや低膨張率のブレーキホースの採用で、ブレンボ製のブレーキキャリパーの性能を存分に発揮させる内容だ。限界性能はもちろん、コントロール性にもこだわった。

無限RRのリヤスタイリング画像はこちら