クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「ハイエース」は車高を下げるとブレーキが効かない!? 「プロポーショニングバルブ補正キット」で悩み一発解消!
CUSTOM
share:

トヨタ「ハイエース」は車高を下げるとブレーキが効かない!? 「プロポーショニングバルブ補正キット」で悩み一発解消!

投稿日:

TEXT: 土田康弘  PHOTO: ユーアイビークル/AMW編集部

  • プロポーショニングバルブ補正キット

  • プロポーショニングバルブ補正キットの単体

    ユーアイビークルのプロポーショニングバルブ補正ブラケット。ローダウン車に対応させるために同製品(ブラケット)を装着することで40mmのローダウンが標準位置となる

  • プロポーショニングバルブ補正キットの単体
  • ローダウンしたハイエース
  • プロポーショニングバルブ補正キット
  • プロポーショニングバルブ補正キット

車高を下げたら必ず対策したい補正キットの必要性とは

 トヨタ「ハイエース」のバンは、荷物を積み込んで運ぶことが目的のクルマで貨物車両に分類される。そのため荷室には最大で1トンを超える荷物の積載を行うことだってある。空荷と最大積載の状態ではクルマの車高も大きく変化し(積載量が重いとサスペンションが沈み込む)、この重くなった車体ではブレーキングをはじめとした操作フィーリングはまったく違うものになってしまう。そんな変化を最小限に抑える目的で装備されているのが、プロポーショニングバルブ(ロードセンシングプロポーショニングバルブ)と呼ばれる装置だ。

車高の変化を検知して前後ブレーキの利きを調整

 この装置は200系ハイエースの場合、リヤデフケース近辺に取り付けられており「荷物を載せる=車高が下がる」「空荷=車高が上がる」ことを検知して、前後のブレーキバランスを調整する重要な役割を持つ。具体的には、重い荷物を積み込んでもしっかりブレーキが利くように設計されているハイエースなので、ブレーキ性能は最大積載量を基準に考えられている。しかし、つねにフルパワーでブレーキを利かせると、空荷のときにはブレーキが利き過ぎる傾向にあるのだ。ローダウンしたハイエース

 そこで必要になるのがプロポーショニングバルブだ。車体の沈み込みに合わせて積載量を予測した上で、それに見合ったブレーキバランスをコントロールする役割を持ち、空荷のときには弱く、最大積載時には強く利く制動(ブレーキ)がこの装置によって可能になる。このようにプロポーショニングバルブは積載量に対して、つねに最適なブレーキの利きを発揮できるように考えられた貨物車特有のシステムなのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS