クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • 未分類
  • 「ハヤシ」対「RSワタナベ」のFL550対決に終止符! 手作りミニF1を制した「ファルコン80A」とは
未分類
share:

「ハヤシ」対「RSワタナベ」のFL550対決に終止符! 手作りミニF1を制した「ファルコン80A」とは

投稿日:

TEXT: 原田 了 PHOTO: 鉄谷康博/原田 了

  • 走行中のファルコン80A。RSワタナベのワークスカラーとなった深紅のカウルワークが目に眩しい

空力を意識したファルコン

 かつて多くのコンストラクターが群雄割拠していたFL500は、やがて大阪から鈴鹿に本拠を移したハヤシレーシングと横浜に本拠を構えるRSワタナベ(ファルコン)の2トップが他を圧倒する展開となってきました。そんなFL500マシンを紹介するシリーズの第4回はハヤシから覇権をふたたび取り戻した、ファルコン80Aです。

群雄割拠の中から王座を奪ったファルコンと、それを奪い返したハヤシ

 ワンオフモデルまで含めると十指に余る“コンストラクター”が群雄割拠していた1970年代中盤から後半にかけて、FL500クラスにおいてみるみる競争力を挙げてきたのが、横浜に本拠を構えるRSワタナベ(ファルコン)。その名を知らしめるヒット作となったのが、1977年シーズンに向けてリリースされたファルコン77Aでした。

 前作の72A/Bは鋼管スペースフレーム(72Bはアルミパネルをリベット止めしたセミ・モノコックフレーム)でしたが、77Aではアルミパネルのツインチューブで構成したモノコックフレームを採用していました。ボディワーク(カウルワーク)では低く幅広くなっており、前面投影面積は拡大されていながら空気抵抗係数に優れていたため、結果的にストレートスピードが速いことが最大の武器となりました。

 デビューシーズンとなった1977年から、鈴鹿のFL500チャンピオンシリーズでは飯田 武選手が速さを見せていましたが、優勝には一歩およばないままに終わっています。ただし富士のレースで飯田選手が優勝を飾っており、ストレートスピードの速さでは注目を集めていました。

 そして2シーズン目となった1978年の鈴鹿FL500チャンピオンシリーズでは、開幕戦の鈴鹿ビッグ2&4で飯田選手が鈴鹿における77A初優勝を飾ると、7月のルビートロフィーで2勝を飾っています。じつはシーズン終盤にはハヤシレーシングがアルミハニカム・モノコックの712をリリースし、グレート20、JAF鈴鹿グランプリと中本選手が2連勝を飾ることになるのですが、ファルコン77Aの飯田選手が逃げ切ってチャンピオンに。このシーズン中盤までの“ファルコン・ショック”に対して、シーズン終盤のハヤシ712の速さについては“ハヤシ・マジック”と称され、激しい開発競争は今も語り継がれています。

 翌1979年にはハヤシのエースとなった中野常治選手(F1GPやCARTで活躍した中野信治選手の父)が開幕戦と終盤2連戦に勝利。3勝を挙げてハヤシレーシングがファルコンのRSワタナベから覇権を奪い返すことになりました。このハヤシ712の速さに対抗してRSワタナベが開発した、1980年シーズン用のマシンが80Aです。

 このシーズンから車両規則が一部変更になり、エンジン排気量の上限が550ccにまで引き上げられ、カテゴリー名もFL550となりましたが、やはり舞台は鈴鹿のフルコースを舞台としたFL550チャンピオンレース・シリーズです。

 開幕戦は、例年の鈴鹿ビッグ2&4(3月初めに開催)ではなく、4月初めに開催される鈴鹿500km。1 カ月の猶予ができたために、ニューマシンをデビューさせるには十分な開発が進められたようです。ちなみに、エンジンに関する車両規定が変更されたのは、1976年に軽自動車のエンジン排気量上限が、それまでの360ccから550ccに引き上げられていたことが関係しています。

 FL500で使用されてきたエンジンは、わずかな例外を除くとスズキ・フロンテ用で水冷の2ストローク3気筒エンジン、LC10Wでした。それを420ccまで排気量を拡大してチューニングしたエンジンを使用していたのですが、550ccに引き上げられて以降、スズキではLC10Wから、同じ539cc水冷2ストローク3気筒のT5A(ボア×ストローク=61.0mmφ×61.5mm)に移行。その理由はLC10Wのパーツが手に入り難くなってきたからでした。

 そしてLC10W(420cc)との排気量差を考えてT5Aのチューニングには(LC10Wに比べて)少し規制が厳しくなっていました。ただし排気量が拡大されたことでトルク特性的にはT5Aの方が有利と判断されていましたが、RSワタナベ(ファルコン)のエンジンを担当していたSRS久保や、自らエンジンチューニングも担当していたハヤシレーシングなど、エンジンチューナーではT5Aエンジンの開発(チューニング)が間に合わず、最終戦のJAF鈴鹿グランプリでファルコンとハヤシの、それぞれワークスマシン2台ずつを含む計8台がT5Aエンジンを搭載しでデビュー。

 ファルコンの小幡 栄選手がポールtoフィニッシュを飾り、ともにハヤシの小河 等選手と田中 毅選手が2-3位で続き表彰台を独占しています。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS