クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 戦後BMWがヒットさせた「イセッタ」にストレッチモデルがあった! 大人4名乗車可能だったBMW「600」とは
CLASSIC
share:

戦後BMWがヒットさせた「イセッタ」にストレッチモデルがあった! 大人4名乗車可能だったBMW「600」とは

投稿日:

TEXT: 原田 了 PHOTO: BMW/原田 了

  • 1958年BMW600のフロントスタイリング

ボディとホイールベースをストレッチしたBMWイセッタ

 今やドイツを代表する世界的なトップメーカーとなったBMWですが、敗戦国として迎えた第2次世界大戦の終戦後は、それこそ鍋や釜を作りながら臥薪嘗胆の日々を送っていました。その頃のBMWを支えたモデルがイタリアのイソ社からライセンス供与を受けたイセッタでした。その愛らしいスタイルからバブルカーと呼ばれていましたが、エンジンメーカーから発展してきたBMWだけに本家とはまた違った発展を遂げていきました。

まずはオリジナルエンジンに換装! さらにはボディも手直し

 BMWイセッタのオリジナルとなったのはイタリアのメーカー、イソ社のイセッタ(Isetta)でした。そもそもイセッタというのはメーカー名であるイソに、イタリア語で“小さな”を意味する接尾語が付いたもので、小さなイソ、とかイソの妹(あるいは弟)という意味合いがありました。

 ただし、イソが製作した本家のイセッタは、フィアット500という語り継がれる傑作のコンパクトカーのおかげで、営業的には大ヒットとはいきませんでした。しかし海外メーカーにライセンスを供与して生産されたイセッタも数多く、中でもBMW版のイセッタはとりわけ大ヒットとなり、今ではBMWがイセッタの本家、と勘違いされているほどです。

 それはともかく、BMWはイセッタを製作するにあたって、まずはオリジナル通りのモデルを製作。もともとエンジンメーカーとして創業しただけあって、エンジンに関しては妥協を許さないところがあったようです。

 それでオリジナルのイセッタから、まずはエンジンを自製のものに交換することになりました。選ばれたのはBMWで戦後のごく初期に開発されたR25/3用の247cc(ボア×ストローク=68.0mmφ×68.0mm)の空冷プッシュロッド(OHV)単気筒エンジンで最高出力は12HPでした。

 ちなみに、イソ製のオリジナルでは236ccで最高出力が9.5HPのスプリットシングル(2つのシリンダーが単一の燃焼室を共有する構造)の2サイクル・エンジンでしたから、パフォーマンス的にはもちろんですが、メカニズムのスペック的にも随分とモダナイズされた格好でした。

ドイツの経済状況が良くなり4人乗りが求められた

 その一方でボディデザイン的にはイソ版のイセッタとよく似たものでした。フェンダーに半分埋め込まれていたヘッドライトが、大型のユニットに交換されて少し高い位置に独立して取り付けられて少しイメージチェンジしていました。バブルカーと呼ばれることになったシャボン玉のようなウィンドウ・グラフィックは共通で、また最大の特徴である右ヒンジで開くフロントの1枚ドアも共通していました。

 しかしその後はエンジンだけでなくボディにも手が加えられ、BMWオリジナルのデザインへと移行していきました。エンジンに関してはドイツ国内の自動車関連規則や免許制度の変更に合わせて298cc(ボア×ストローク=72.0mmφ×73.0mm)に引き上げ、最高出力も13HPにパワーアップされています。一方のボディに関してはウィンドウ・グラフィックが変更されサイドにスライディング式のウィンドウが採用され、コンサバ・ルックに変わっていきました。

 またシャシーに関しても手が加えられ、ごく初期には1輪式の後輪がトライされたこともありましたが、転倒の危険性があることからリヤは2輪のまま、というよりもむしろトレッドが広がり、左右の後輪は520mmのトレッドに設定されています。

 これは、ディファレンシャルギアを必要としない最大限の数値だったのです。こうしてBMWイセッタは、バブルカーとしての完成形に近づいていきました。さらにドイツ(当時は西ドイツ)国内の経済状況が良くなってきて2人乗りだけでなく4人乗りが求められるようになってきました。そこでBMW600が登場します。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS