クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • スズキ「ジムニーシエラ」を「GR86」のグレーに全塗装! 人気のサンドカラーで可愛らしさから脱却しました
CUSTOM
share:

スズキ「ジムニーシエラ」を「GR86」のグレーに全塗装! 人気のサンドカラーで可愛らしさから脱却しました

投稿日:

TEXT: 賀川真弥(KAGAWA Shinya)  PHOTO: 賀川真弥

  • ジムニー全景

  • エンジンルーム
  • ジムニー全景

全塗装で渋さマシマシに大変身

 2018年の発売開始から4年半。いまだ新車をオーダーして、実際に納車されるまでにかなりの時間を要するといわれるJB型スズキ「ジムニー」。すぐに納車された人は2度目の車検まであと少しということを考えると、この人気っぷりは凄まじく、巷では、「#ジムニー女子」や「#ジムニーおじさん」なる人気のインスタハッシュタグも存在するなど、衰えを知らない。

 そんなJB型ジムニー&シエラだが、今回は上記とは無縁のウケ狙いをせず、渋さを前面に打ち出したシエラをピックアップしよう。

ジムニーらしいと選んだ車体色が可愛いと言われて違和感

 先述にもあるようにJB64/74は新型車として2018年の発売開始からまだ4年半。ボディカラーもキレイな状態を維持している人が大半かと思うが、今回紹介するCさんのシエラはすでにオールペンを敢行している。元は人気のサンドカラー(正確にはシフォンアイボリーメタリック)だったという。

「最初はサンドカラーがイイと思っていたんです。けれどもカスタムしていくなかで、女性に可愛いと言われるたびに、『目指しているところは、そこ(可愛い)じゃないんだよなー』と、違和感を覚えるようになって。思い切って全塗装してみました」

 施工したカラーリングは、GR86に用いられているマグネタイトグレーメタリックだ。

「突拍子もない色は避けつつ、それでいてカッコイイ色。先行してホイール(N’sステージオリジナルカラーとなるガンメタリックのRAYS A・LAP)を購入していたので、そのディスクカラーに似合う色にこだわりました」

地元の同期が店長を務める専門店に作業を依頼

 ペイントをしたのがジムニー専門のプロショップ「レインボーオート」。カスタムからチューニング、鈑金塗装となんでも安心して任せられるショップだ。

「たまたま地元の同期が店長だったんです。自分でできるところはこなしますが、レインボーオートさんにお願いする部分も多いですね」

 ほかにもエンジンルームも手を入れており、グレッディのエキゾーストマニホールドやキャタライザーを装着。左上に取り付けたGruppeMラムエアシステムも目を引く。また、さりげないチューニングだが、アーシングケーブル類や見えないがアイスフューズもつけているとのこと。

 今後はGReddyのオイルクーラーを取り付ける予定とのことで、まだまだ渋めの進化は止まりそうもない。

エンジンルーム

  • エンジンルーム
  • ジムニー全景
すべて表示


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS