クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 名車「ACコブラ」が蘇る! 633馬力の新型「ACコブラGTロードスター」は約4600万円から【2024年デリバリー開始】
CAR
share:

名車「ACコブラ」が蘇る! 633馬力の新型「ACコブラGTロードスター」は約4600万円から【2024年デリバリー開始】

投稿日:

TEXT: 古賀貴司(自動車王国)  PHOTO: AC Cars/Shelby

  • 新型コブラ

  • コブラのリア
  • 新型コブラ

伝説の名車が現代に蘇った!

1960年代の伝説的名車「AC コブラ」が復活し、3年以上の開発期間を経て2023年4月、ついに発表されることとなった。最新技術を活用した、一目でコブラと分かるスタイリングに、最高出力633psのV8スーパーチャージャーを搭載。約4580万円で、2024年からのデリバリーが予定されている。

最新技術を取り入れつつも往年のスタイルを継承

新型ACコブラGTロードスターは、伝説的なプロフィールを継承しながら革新的なデザインを身にまとい、3年以上にわたる投資と開発によって生み出された。ACカーズは、史上最も進化したコブラの生産に注力し、2023年4月にこの特別な新型スポーツカーを発表する予定だという。

新型ACコブラは、スピード、敏捷性、バランスと快適性、実用性を兼ね備えた真のグランドツアラーとして構想された。当然ながら公道走行が可能で、ホモロゲーション規格に適合し、最新の安全機能を搭載するよう設計されている。

ACカーズはイギリスとドイツに自社工場を構え、ACコブラの設計・開発には業界をリードするサプライヤーが協力している。ACカーズは、ドニントンの新本社に加え、イギリスでの開発・生産能力をさらに拡大していく予定である。

633psのV8を搭載する「日常的スーパーカー」

一目でACコブラとわかる新型車のスタイリングは、歴史的な車の形状を現代的に発展させたもので、オリジナルのプロポーションを巧みに残している。Icona Design Groupの手による美しいカーボンコンポジットボディは、1960年代にACカーズのテームズ・ディットン工場にて生み出された当時の雰囲気を強く連想させるものとなっている。

新型ACコブラGTロードスターについて、グローバル・デザイン・ディレクターのサミュエル・シュファートは、次のように語っている。

「過去を裏切らない自然な進化を遂げるという、繊細なデザインへの挑戦でした。完成したロードスターは、50年以上の進歩を受け継ぎ、比類ないパワーとグラマーさを備えた、まさにアイコニックな日常的スーパーカーとなりました」コブラのリア

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS