クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • イタリア人はなぜ速度制限を守らない?「ドライバーがみな優秀だから」フィアット「パンダ」にも煽られるユーウツな日々【みどり独乙通信】
LIFE
share:

イタリア人はなぜ速度制限を守らない?「ドライバーがみな優秀だから」フィアット「パンダ」にも煽られるユーウツな日々【みどり独乙通信】

投稿日:

TEXT: 池ノ内みどり(IKENOUCHI Midori)  PHOTO: 池ノ内みどり(IKENOUCHI Midori)

  • ヒツジが横断中
  • 美しい湖を見て、いざオーストリア&イタリア方面へ
  • オーストリアとイタリアの国境にある料金所にはオシャレなバイクのミュージアムが併設
  • たくさんのバイクが出迎えてくれる
  • 1日では見て回れないほどの量だ
  • ワインディングでは同じBMW 2シリーズカブリオレが揃ってパチリ
  • 雄大な景色を見ながらのドライブは最高
  • 思わずアクセルを踏み込みたくなる!
  • 道路脇にはヒツジが
  • 九十九折のワインディングは楽しい!
  • のんびり走りを楽しむのが筆者のこだわり
  • イタリアでの制限速度を表示する看板
  • ヒツジが横断中

イタリア人は走りも情熱的!?

ドイツ在住でモータースポーツをメインに取材する池ノ内みどりさん。愛車のBMW「M240i xDriveカブリオレ」で東奔西走しています。今回は取材のためイタリアへ。アルプス経由で向かうことになり、楽しく走っていたところ、イタリアのアグレッシブな走りを体感することに……。

ワインディングをゆっくり楽しむのがマイブーム

やっと猛暑厳しい日々から解放され、さわやかな秋の気配が感じられる今日この頃のドイツです。朝晩はもう10℃を下回る日もあり、さわやかを超えてちょっと寒い位になっています。

少し前ですが、イタリアのローマまでひとり自走で取材旅行に出かける用事がありました。自宅からアウトバーンをずっと走ってローマまでは片道約950kmの距離ですが、イタリアまで高速道路だけを使うのは、あまり楽しくない道のりなのです。私がイタリアへ行く際には大体峠を越えて行くルートを選ぶのですが、今回はウインタースポーツの国際大会でも有名なガルミッシュパルテンキルヒェンからオーストリアへ抜けて、アルプスの峠経由でイタリア領へ入ることにしました。

このルートは何度か利用したことがあり、結構お気に入りなんですよ。当然ながらいくつもの山を越えるので高速道路のルートの何倍も時間はかかりますが、その分、駆け抜ける歓びは100倍です!

峠といえば、攻めたくなる方も多いかと思いますが、私は愛車のカブリオレの屋根を開けてのんびりと景色を愉しみながら走るのが大好きなのです。後ろから物凄いスピードで迫ってくるクルマがいれば、少し道幅が広い場所で減速してお先にどうぞとウインカーを出すと、勝手に抜いて行ってくれるので気がラクです。

急なヘアピンの続く九十九折りの道、かなりの急勾配なんかは楽しくてエキサイトしますね。ただ、かなり道幅が狭いので、少しクルマを停めて景色を愉しむのが難しいのが残念なのです。運転しながら写真を撮れませんので、絶景はいつも自分の心の中にだけ留めて帰ることになります。

ワインディングの風景

ヨーロッパは陸続きなので、アルプスの山の途中で国境をまたぐことにもなります。当然、そのまま走り抜ければどうってことのない道続きで、看板が建っているだけなのですが、国境を通過する時にはなんだかいつもワクワクしちゃいます。途中では放牧されている牛や羊が道路を横断したり、ほのぼのした風景を見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

さすがに当日にローマまで到着するのは難しいので、フィレンツェとローマの丁度真ん中あたりの宿を取ってありましたが、峠を楽しみ過ぎてチェックインまでの時間が怪しくなってきました。翌日には取材現場へ行かなければいけません。

12

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS