クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 鳥山 明デザインの直筆サイン入り「QVOLT」が現存していた!「原寸大チョロQ」を実現した「Qカー」シリーズとは
CLASSIC
share:

鳥山 明デザインの直筆サイン入り「QVOLT」が現存していた!「原寸大チョロQ」を実現した「Qカー」シリーズとは

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

幻のプロトタイプ「2010」が残っていた!

ところでQカーの市販に先駆けて2002年初頭に行われた発表会では、「未来のスポーツカー」のイメージをチョロQのデザイン言語に落とし込んだ「2010」と、レトロフューチャーな「モダンタイムズ」の2車種が展示された。

発表会でお披露目された2010とモダンタイムズはあくまでもプロトタイプであり、そのままの形で市販されることはなかった。未来的な2010は、よりチョロQらしい丸みを帯びたデザインとなりQi(キューノ)と名を変えたうえでQカーの第1弾として市販された。

完全なショーモデルとして作られた2010は世の中に出回ることはないだろうと思われていたが、水口さんは数年前、当時2台のみが制作された2010が現存することを知り、関係者と交渉。その熱意にほだされたかたちで、ついに2010を入手した。

2002年の発表会以来、約20年にわたり倉庫に眠っていたという2010は、各部に傷みが見られ不動状態にあったが、水口さんは全てのバッテリーを新品と交換、破損箇所の修繕など、自らの手でレストアを行い、2023年に晴れてナンバーを取得したのである。

「QQ(ナインナイン)」のプロトタイプ「モダンタイムズ」はレトロフューチャーな姿

2002年の発表会で前掲の2010と同時にお披露目されたモダンタイムズは、QQ(ナインナイン)と改名しQカー第3弾として発売されたが、ここで紹介するのはプロトタイプのモダンタイムズだ。

公式にはあくまでオリジナルデザインということだが、そのレトロフューチャーな姿は一瞥して1921年のベルリン・モーターショーで発表されたルンプラー「トロッペンワーゲン」が元ネタだとわかる。これは流線形デザインでCd値0.28という当時驚異的な数字を誇り、映画『メトロポリタン』でも未来のクルマとして登場したモデル。チャップリンの映画からインスパイアされたと思しき車名ともあいまって、まさにシャレの効いた原寸大チョロQだ。

こちらも2010とともに倉庫で朽ちかけていたのを水口さんが交渉して入手したもので、バッテリーをはじめとして多くの消耗部品を交換し、傷んだボディや内装も修繕しレストア完了。2023年に入ってナンバーを取得している。

わずか9台だけ生産された最後のQカー「QVOLT」

チョロQモーターズが生み出した歴代Qカーの中で、最後の量産市販モデルとなったのが「QVOLT(キューボルト)」だ。歴代Qカーは全て社内デザインだったが、このQVOLTだけは前述の通り、漫画家/デザイナーである鳥山 明氏がそのデザインを手がけている。

『ドラゴンボール』の大ヒットによって当時すでに国民的人気漫画家として知られていた鳥山 明氏が、自身のメカに対する思いとセンスを存分に発揮し、1年以上の時間をかけて練り上げたといわれるデザインの完成度は、やはり歴代Qカーの中でも群を抜いて高い。

アメリカ西海岸のショーロッドをイメージさせる佇まいに、各部へ巧みに配置されたメッキパーツも効果的。ベースとなった原付カーならではの不安定な縦横比を、往年のフォード「エドセル」のような縦長のグリルと一つ目ライトであえて強調したことで、見事に「チョロQらしさ」と「鳥山 明テイスト」を両立させている。

発売時の価格は199万円(消費税込)と決して安価ではなかったが、『週刊少年ジャンプ』誌上でも紹介され、また、世界限定9台という希少性から、発表直後には即完売となったと言われる。

この個体はシャシーナンバー「1」。なんとQVOLTのカタログ撮影に使用された個体そのもので、ボンネットには「とりやまあきら」と直筆のサインも残されていた。現在は機関好調で、近隣のイベントなどにも参加している。全生産台数9台のうち現時点で水口さんが把握しているのは6台とのことだ。

■「マイクロカー図鑑」記事一覧はこちら

12
すべて表示
  • 長尾 循(NAGAO Jun)
  • 長尾 循(NAGAO Jun)
  • 1962年生まれ。デザイン専門学校を卒業後、エディトリアル・デザイナーとしてバブル景気前夜の雑誌業界に潜り込む。その後クルマの模型専門誌、自動車趣味誌の編集長を経て2022年に定年退職。現在はフリーランスの編集者&ライター、さらには趣味が高じて模型誌の作例制作なども手掛ける。かつて所有していたクラシック・ミニや二輪は全て手放したが、1985年に個人売買で手に入れた中古のケーターハム・スーパーセブンだけは、40年近く経った今でも乗り続けている。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS