クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 20年前に「原寸大チョロQ」の電気自動車があった!「モダンタイムズ」の元ネタは映画『メトロポリタン』の劇中車でした【マイクロカー図鑑】
CLASSIC
share:

20年前に「原寸大チョロQ」の電気自動車があった!「モダンタイムズ」の元ネタは映画『メトロポリタン』の劇中車でした【マイクロカー図鑑】

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 近藤浩之

  • 2002年のチョロQモーターズ発足時に披露されたプロトタイプ、モダンタイムズ=QQ(ナインナイン)
  • アラコの小型電気自動車「エブリデーコムス」のシャシーにオリジナルデザインのボディを架装
  • 車両の開発・型式認証取得は、フォルクスワーゲン/アウディのチューニングなどで知られるコックスが担当した
  • フロントノーズには小さな小物入れスペース
  • テールエンドはちょっと未来的な雰囲気
  • リアにもささやかなトランクスペースがある
  • ホイールキャップは現オーナーによってメッシュタイプに換装されている
  • 1人乗りながら洒落たキャノピーが用意される
  • レトロ感あふれるキャノピーのデザイン
  • シンプルきわまるコクピットにMOMOステアリングを装備している
  • 1人乗るぶんには狭さは感じない
  • 元ネタと思われるルンプラー トロッペンワーゲン。1921年ベルリン・モーターショーにて(Photo: Public domain)
  • 前後フェンダーは空力を意識したデザイン
  • 朽ちかけていたところを現オーナーが譲り受けてナンバー取得した
  • 2002年のチョロQモーターズ発足時に披露されたプロトタイプ、モダンタイムズ=QQ(ナインナイン)

CQモーターズのプロトタイプ「モダンタイムズ」

いまから20年ほど前、時代に先駆けて日本で生まれた小さなEVメーカー、「チョロQモーターズ」をご存知だろうか。今回は、2002年に発表された2台のプロトタイプの1台、レトロフューチャーな佇まいが特徴の「モダンタイムズ」改め「QQ(ナインナイン)」をご紹介しよう。

夢の「チョロQの実車」は1人乗りのEV

「チョロQ」とは1980年にタカラ(現タカラトミー)からデビューしたクルマ系玩具の定番。実車をコミカルにデフォルメしたボディとプルバックゼンマイ組み合わせた「走るミニカー」で、「チョロチョロはしるキュートなくるま」がその名前の由来だ。そんなチョロQのデビューから20年の節目となる1999年から2000年にかけては、さまざまなメディアが特集を組んだり、異業種・他企業とのコラボで特注モデルが数多く作られたりと、第2期ブームとも言える盛り上がりを見せた時期だった。その余勢を駆って登場したのが、実際に人が乗れるチョロQ「Qカー」である。

「チョロQを自分の手でドライブする」という、ある意味荒唐無稽な夢を叶えるために、タカラが「チョロQの実車」を製造・販売するための子会社「チョロQモーターズ株式会社」を設立したのは2002年のこと。

人が乗れるチョロQ=Qカーと言っても、もちろんゼンマイ動力ではなく、1人乗りの電気自動車。具体的にはトヨタ系メーカー、アラコ(現トヨタ車体)の小型電気自動車「エブリデーコムス」の基本コンポーネンツの供給を受け、そのシャシーにコミカルなオリジナル・デザインのボディを架装するという成り立ち。車両の開発・型式認証取得は、フォルクスワーゲン/アウディのチューニングなどで知られるコックスが担当した。

2002年に行われたチョロQモーターズの発表会では3台のQカーが発表(2台は実際に走れるプロトタイプ、もう1台は画像)され大きな話題となったが、会場で画像のみの発表となったのが「ユー」、展示された2台のプロトタイプの1台が「2010」。そしてもう1台が、今回ご紹介している「モダンタイムズ」(のちにQQ=ナインナインへ改称)である。

元ネタは1921年のルンプラー トロッペンワーゲン

そもそもチョロQの魅力のひとつが、実在するクルマの特徴をとらえたうえでセンス良くデフォルメするデザインの妙。見る側にとって「あのクルマのエッセンスを煮詰めるとこうなるんだ」という新鮮な驚きをもたらしてくれる点だった。その意味ではオリジナルデザインの近未来スポーツカー「2010」と、実用性を狙ってゴルフ場のカート的な独自の外観となった「ユー」は「あのクルマをこう料理したんだ」というポイントはやや薄い。

その点「モダンタイムズ」は明らかに元ネタとおもわれる実車が存在する。もちろん公式にはあくまでオリジナルデザインということだが、そのレトロフューチャーな姿は一瞥して1921年のベルリン・モーターショーで発表されたルンプラー「トロッペンワーゲン」に範をとったとわかる。これは流線形デザインでCd値0.28という当時驚異的な数字を誇り、映画『メトロポリタン』でも未来のクルマとして登場したモデル。チャップリンの映画からインスパイアされたと思しき車名ともあいまって、まさにシャレの効いた原寸大チョロQだ。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS