クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ベントレー最後のW12!「バカラル」「バトゥール」に続く第3の特別仕様車のディザー映像を公開! 5月7日の正式発表が待ち遠しい
CAR
share:

ベントレー最後のW12!「バカラル」「バトゥール」に続く第3の特別仕様車のディザー映像を公開! 5月7日の正式発表が待ち遠しい

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Bentley Motors

  • 2020年にマリナーが手がけた限定12台のバカラル
  • マリナーが手作業で仕立てた2シーターオープンのバカラル
  • 最高峰のグランドツアラーとうたう特別モデルのバカラル
  • 2022年にマリナーが手がけた限定18台のバトゥール
  • 2万5000ポンドのオーディオが用意されるバトゥール
  • W12気筒エンジンを搭載するバトゥール
  • 今回発表されるコーチビルドモデルの生産台数はわずか16台
  • 第3弾となるコーチビルドモデルは2024年5月7日(火)に正式発表される

W12気筒エンジンを搭載した最後のベントレー

ベントレーモーターズは、手作業で精巧に仕上げられたマリナーによるコーチビルド車両「バカラル」、「バトゥール」に続き、第3弾となるコーチビルドモデルのティザーイメージを公開しました。この特別なコーチビルドモデルは2024年5月7日(火)に正式発表されます。

生産台数はわずか16台

ベントレーモーターズは、コーチビルド車両として2シーターオープン「バカラル」、2シータークーペ「バトゥール」の2台を製造した。その第3弾となるコーチビルドモデルを2024年5月7日(火)に発表する。

ビスポーク部門でありコーチビルディング界で現存する最古の歴史をもつマリナー。その仕様のバリエーションは、顧客のインスピレーションの数だけとうたうほど無限に広がっていく。今回発表される第3弾となるコーチビルドモデルもマリナーの伝統を継承する。

第3弾の生産台数はわずか16台で、もっともパワフルでベントレーのアイコンでもあるW12気筒エンジンを搭載した最後のベントレーとなる。

AMWノミカタ

マリナーで特別に製作される「バカラル」、「バトゥール」に続き第3弾となるモデルのティザーイメージが公開された。「バカラル」は初のバルケッタスタイルで世間を驚かせ、「バトゥール」は伝統の丸目4灯のスタイルを継承しなかったことでベントレーファンをざわつかせた。2024年5月7日(火)に正式発表されるコーチビルドモデルは、我々にどのような驚きを与えてくれるのであろうか。

W12気筒エンジンを搭載した最後のベントレー

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS