「コラム」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

教習所では教えない正しい運転姿勢!ハンドルは持つ位置と操舵方法で安全性が大きく異なる

ハンドルの持ち方次第でペダル操作の正確度が変わる  ハンドルの握り方や操作は、安全運転やクルマを適作に動かすためにはとても重要なファクターだ。では、実際どんなやり方が正しいといえるのか。筆者が考える市街地走行などで安全で…

続きを読む...

シートベルトは乗員を守る命綱! 「メルセデス・ベンツ」は1950年代から乗員の安全を追究

世界一の安全性を求めて最も重視した安全装備 クルマの事故が起きた際、乗員の安全を如何に守るか。セーフティファーストであり、乗員を守る命綱「シートベルト」が大切なのは周知の通りです。その歴史を遡ると、1951年にメルセデス...

続きを読む...

女性たちのホンネ「男性の運転マナーでグッとくること、ガッカリすること」

クルマの運転は人の本性を映す鏡 女性に「好きなタイプの男性」を聞けば十中八九返ってくる答えが「優しい」人。この「優しい」は、運転中のマナー/モラルでも同じことがいえそうだ。優しい運転、優しくない運転、それを敏感に感じ取…

続きを読む...

シーケンシャルシフトから運転支援システムまで、いまや当たり前となった「クルマの革新的装備4つ」

飛躍的に進化した20年の技術 クルマの技術は日進月歩、かつては高級車やスポーツカーだけと思われていた贅沢装備も、普及期を経て大衆車にも標準装備されるようになった。例えば「SRSエアバッグ」が国産車に初採用されたのは198...

続きを読む...

「レクサス」が「メルセデス・ベンツ」よりも売れていないのはブランド力の差なのか

レクサスはユーザーからの信頼度が高い「レクサスの国内販売がパッとしない」。そういうイメージを持っているクルマ好きは少なくないだろう。街中でも輸入車のほうが目に留まるし、そもそも「レクサスの中身はトヨタなのだからクルマ好…

続きを読む...

高齢者ドライバーの安全対策! 70歳以上の「免許更新時」に必須の高齢者講習

免許更新の手続きが年齢で違うので要注意 最初に大切なことを書きます。それは、70歳以上の方は「講習を予約して、受講してからでないと免許の更新ができません」というもの。運転免許の更新は、現在使っている免許証と届いた更新連絡.…

続きを読む...

「サポカー補助金」の対象車や金額は? 安全運転サポート車の普及促進に向けた政府の取り組み

予算額を超過次第に募集終了 近年、増加傾向にある高齢者ドライバーによる交通事故。この問題への取り組みとして政府が閣議決定した令和元年度補正予算案に「サポカー補助金」を盛り込んだ。そして、国土交通省と経済産業省はこの「サ…

続きを読む...

次世代高速通信“5G”時代到来! 未来のクルマの「安全」や「自動運転」など技術進化に期待

音楽や動画を楽しむだけじゃない「5G」のメリット 今、何かと話題になっている通信技術が「5G」だ。5Gの“G”はGenerationの頭文字で、日本語で言うと「第5世代」目の通信技術を指す。世界的にも次世代の通信技術とし...

続きを読む...

1 / 118123...102030...»