「コラム」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

マンション購入より高い? 高級キャンピングカーの世界とは

家選びに通じるファミリー行事。日欧の高級キャンピングカーの違いは?キャンピングカーショーを観に行って感心すること。それは、ファミリーや多人数で来場しているお客さんの多さだ。多人数で楽しむクルマだから当然なのだけど、クル…

続きを読む...

マツダ「G-ベクタリングコントロール」はディーラーで体感できる新発想の制御技術だった

交差点を曲がるだけで実感できるドライビングアシスト機能 ロードスターを除いた、ほとんどのマツダ車には「G-ベクタリング コントロール」という機能が備わっている。さらに、SUVの上級モデル「CX-5」と「CX-8」では「G...

続きを読む...

    いざという時に使えないことも!「パンク修理剤には使用期限があるって本当?」

    パンク修理剤の有効期限はおよそ4年最近のクルマは、軽量化や燃費向上のためにスペアタイヤ(テンパータイヤ)を廃して、代わりにパンク修理キットが標準になっているクルマが増えてきている。このパンク修理キットに入っている、肝心要…

    続きを読む...

    トヨタ『踏み間違い加速抑制システム』を発売、ディーラーで装着可能に

    超音波センサーが障害物を感知し、ペダル踏み間違いによる暴走事故を抑制するトヨタは、ディーラーオプションとして先代『プリウス(30系)』と『アクア』に後付けできる衝突軽減安全システム『踏み間違い加速抑制システム』を発売した.…

    続きを読む...

    日本のモータースポーツ黎明期に活躍した平林武氏と「偲ぶ会」が開かれる

    ラリードライバーとして4年連続の優勝を飾った松本カースポーツクラブ会長であった平林武さんを偲ぶ会が12月2日、長野県安曇野スイス村で行なわれた。日本ラリー界の重鎮である平林さんは、病によって去る8月31日に逝去されていた...

    続きを読む...

    1 / 83123...102030...»

    ウィークリーランキング

    1. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

      "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

    2. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

      超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

    3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

      SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

    4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

      ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

    5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

      チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

    6. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

      富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

    7. 「キャンピングカー」を運転するときに必要な免許とは

      車両重量3.5トン未満なら普通免許でOK 公道を走れるボディサイズなら...

    8. 【MAZDA新型アテンザ試乗記】内外装と走りの質感は段違い!マイチェンとは思えない進化

      走行性能の質感をバージョンアップ! フラッグシップモデルらしい高級感 ...

    9. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

      日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

    10. Mercedes-Benz 190E が華麗なるワイドボディ化と刺激的なエンジンで現代に蘇る

      見て、乗って、操る喜びを手に入れた ヤングクラシックな190E 2.5...