クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 300台のアメ車が栃木県足利市に集合! 20台から始まったオーナー主催イベント「K-Styles」はわずか3回で急成長しました
CAR
share:

300台のアメ車が栃木県足利市に集合! 20台から始まったオーナー主催イベント「K-Styles」はわずか3回で急成長しました

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

  • 2024年4月14日に開催された「K-Styles」はオールジャンルのアメ車ミーティング
  • 栃木県足利市の中橋緑地北多目的広場駐車場にゲストカーを含め300台近くのアメ車が集合
  • オフィシャルイメージガールの“ちっち”さんと“やよ”ちゃんもイベントを盛り上げた
  • 「K-Styles」はオーナー主体で始められたミーティング
  • 参加車両は、車種やジャンルによってエリアを分けて展示されていた
  • オフィシャルイメージガールの“ちっち”さんと“やよ”ちゃんもイベントを盛り上げた
  • 参加車両で台数的に目立っていたのは、ダッジ チャレンジャー
  • 会場にはホットロッドの姿も
  • 旧車も多数参加していた
  • ボスホスというアメリカンバイクの姿も
  • 車両展示だけでなく、キッチンカーやスワップミートのブースが30も並んだ
  • ローライダーのオーナーも参加
  • ゲスト車両となるドラッグ仕様の1967年式インパラのエンジン始動のパフォーマンスも行われた
  • ゲスト車両のフォードGT40仕様車
  • こちらは、ヘネシー ヴェロキラプター 6X6
  • 「K-Styles」は年1度のミーティングとなっている
  • オフィシャルイメージガールの“ちっち”さんと“やよ”ちゃんもイベントを盛り上げた

クラシックからマッスルまでオールジャンルのアメ車が対象

2024年4月14日(日)にオールジャンルのアメリカ車ミーティング「K-Styles」が栃木県足利市で開催されました。会場にはゲストカーを含めて300台近くのアメ車が集合したほか、スワップミートやキッチンカーを合わせて約30ブースが出展、さらにオフィシャルのイメージガールも会場を彩るなど華やかなものとなっていました。ここまでの規模となるとどこかの有名ショップやメディアが主催かと思ってしまいそうですが、じつは個人のオーナーがスタートしたミーティングなのです。

アメ車オーナーによる手づくりのチャリティイベント

2024年4月14日の開催で3回目となるオールジャンルアメ車イベント「K-Styles」だが、その1回目はショッピングモールの駐車場の一角に20台ほどで集まりスタート。その翌年には場所を栃木県足利市内の中橋緑地北多目的広場駐車場に移し、今回はさらにスペースを拡大しての開催となった。

そもそも主催者がこのミーティングを始めたきっかけが、

「さまざまなイベントに参加する中で、自分の好きなようにイベントやりたいなと思って」

ということで、エントリーフィーも安めに設定され、誰でも見学できるようにと入場料も無料(クルマで来場の際は駐車場代が必要)となっている。さらに収益は必要経費を除き、場所を提供してくれている足利市に寄付するという、チャリティイベントとなっているのだ。

アメ車好きたちが集まり自由に交流を楽しむ1日

会場にはさまざまな年式・ジャンルのアメ車が集まったが、なかでも比較的新しめのアメ車、とくにダッジ「チャレンジャー」が目立っていた。もちろんその他にもシボレー「コルベット」、SUV、ピックアップトラックなど、多種多様なモデルとそのオーナーが参加。参加資格がオールジャンルなアメ車OKということで、ノーマルに近いものからフルカスタムまでオーナーの趣向もさまざまだが、主催者の「誰でも自分のクルマが一番」という想いから、あえてアワードなどは設定されていないという。

一般の参加車両のほか、ヘネシーパフォーマンスのダッジ「チャージャー ヘルキャット ワイドボディ」、オートサロン展示車両の「チャレンジャー スーサイドドア」、ヘネシー「ヴェロキラプター 6X6」、映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』劇中車の「チャレンジャー EDGE CUSTOMS R Line」、フォード「GT40」仕様車、ドラッグ車両の1967年式「インパラ」などのゲスト車両も参加。1967年式インパラは、エンジン始動のパフォーマンスも行われていた。

とくに決められたコンテンツもなく、アメ車乗りが交流を深めるための1日。参加者たちは、クルマ談義はもちろんのことスワップミートで買い物をしたり、キッチンカーで食事を楽しんだりしていたが、ミーティングを見学に来ていた人々もそれは同様。

ちなみに会場はJRの足利駅から歩いてこられる距離なので、クルマがなくても300台ものアメ車のミーティングを楽しむことができた。ただしミーティングは年1回のみの開催となっているので、次の開催予定は来年となる見込み。興味を持たれた方は、次回をお楽しみに。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS