『af imp.』

NEWS 新着情報

【af imp.スタコン】2019年1月号・第286回ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.1月号掲載の第286回スタコンは、千葉県・ビッテモーターワークス、新潟県・84ベースモーターワークス、岡山県・モウフで開催されました。 afimp.1月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、フィアット・グランデプントの野々瀬…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年11月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.11月号掲載のスタコンは、愛知県・ドルト、京都府・コクピット亀岡、兵庫県・シュヴァルツで開催。 月間チャンピオンに選ばれたのは、アウディQ5の内藤洋司サンです。15名のスタコン審査委員から107ポイントを獲得してのダント…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年9月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.9月号掲載のスタコンは、岩手県・オートレットTRC、神奈川県・マニアックス、和歌山県・日正タイヤで開催。 afimp.9月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、VWシロッコの吉田健太サン。15名のスタコン審査委員から82ポイントを獲…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年7月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.7月号掲載のスタコンは、東京・お台場 afimp.スーパーカーニバル編。 afimp.7月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、BMW M4の堀内伸一郎サンです。15名のスタコン審査委員から87ポイントを獲得しての1位です。 第2位は、フィア…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年6月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.6月号掲載のスタコンは、東京都・ベイファール、三重県・ピレリ四日市、大阪府・ワンズで開催。afimp.6月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、アウディTTの中山俊幸サンです。15名のスタコン審査委員から89ポイントを獲得しての1…

続きを読む...

afimp Style up Car Contest 2018【第285回 京都府 コクピット亀岡】

アウディ、BMWを中心に輸入車ユーザーが急増中!気軽な日常メンテから新車・中古車購入にまで応えてくれるコクピット亀岡で開催されたスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。「災害クラスの酷暑だ」と誰もが空を見上げ、...

続きを読む...

afimp Style up Car Contest 2018【第285回 愛知県 オートスタイリングショップ・ドルト】

飽きずにいつまでも楽しめる安心安全なカスタマイズを推奨中!!ヨーロッパ車のカスタマイズを手がけて30年。老舗ショップである「ドルト」で開催されたスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。今回も個性が際立つクルマ、...

続きを読む...

1 / 8123...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...