『GT-R Magazine』

さらにカテゴリーで絞り込む

NEWS 新着情報

人気のGT-Rを現代流にアップデート! 第2世代Rに流用できる「R35純正部品」4選

第2世代GT-Rに流用可能なR35純正部品とは 第2世代GT-Rの最終モデルであるBNR34の生産終了から18年。BNR32の鮮烈なデビューからはすでに32年が経過している。それほど時間が経っているのに第2世代の人気は少...

続きを読む...

日産スカイライン400R用パーツを早くも開発&投入! フェニックスパワーが施した味付けとは【大阪オートメッセ2020】

走りのパフォーマンスアップ「4ドア、広い車内、速いセダン」と言う、普通にありそうで、じつはなかったクルマとして日産の「スカイライン400R」に注目が集まっている。GT-Rマガジンとしても、400Rと言うネーミングを受けた...

続きを読む...

ポン付けで日産スカイラインGT-Rの低速トルクがアップするサージタンク登場!

純正の6連スロットルが使える! 第2世代GT-Rと言われる日産R32型/R33型/R34型スカイラインGT-Rの人気はまだまだ衰えを知らない。そしてR32型スカイラインGT-Rが誕生して30年となる今でも、新しいパーツが...

続きを読む...

日産GT-Rをほどよくパワーアップ!ブリッツが純正交換タービンを公開

純正タービンと置き換えするだけ チューニングパーツメーカー「ブリッツ」が提案する日産R35型GT-R用ボルトオンターボシステムに注目。純正ターボと交換するだけで、ノーマルよりも20〜25%のパワーアップを実現するという。...

続きを読む...

負け知らずの怪鳥「オートギャラリー横浜・スカイラインGT-R」が富士に凱旋

2.8ℓとビッグシングルが放つRB26のサウンドが響き渡るかつてドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースを戦ったボディを使った「オートギャラリー横浜」の日産スカイラインGT-R(BNR34)。ワイドボディ化で参戦した...

続きを読む...

【試乗】日産GT-R NISMO専用「900万円の後付けパッケージ」の実力はいかに

ニュル量産車最速タイムを叩き出した「Nismo N AttackPackage」を試す 2013年9月、ドイツ・ニュルブルクリンク(以下ニュル)で当時の量産車最速タイム”7分8秒679″を記録した...

続きを読む...

車内から音量&パワーを任意にコントロールできるスポーツマフラー

手元のコントローラーでバルブを開閉、深夜の住宅街もこれで安心!普段は快適なサウンドを楽しみたい。しかし、夜間や住宅地ではできるだけジェントルに走らせるのが理想だ。そんな希望を叶えるマフラーを、老舗メーカー「フジツボ」が…

続きを読む...

空力性能は純正以上!R35GT-R用ストリート仕様エアロが間もなく完成

造形美と空力性能を磨いたエアロパーツは、欧州スポーツに負けない性能と質感を表現サーキットでのタイムアタックで、トップタイムを刻むデモカーやチューニングカーに究極の空力アイテムを提供する『VOLTEX(ボルテックス)』。実...

続きを読む...

日本人のために開発した最強レカロシート『PRO RACER RMS』をサーキットで試す

高剛性&ホールド性だけじゃない最新フルバケットシートに秘めた実力自動車用シートの設計に人間工学を導入した「レカロ」が、日本発となるバケットシート『RMS』を発表。クッションではなく「シェルで身体をホールドする」という思想...

続きを読む...

R32GT-Rの理想を具現化した究極なる「カーボン×ワイドボディ」

エアロパーツの域をはるかに越えた純正ラインを損なわない美麗フォルムタイムアタックからドラッグレース、イベントまで精力的に全国を駆け回る福岡県のGT-R専門店「GARAGE ACTIVE」。その代表を務める坂本和繁氏が、自...

続きを読む...

1 / 3123