クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

ベンテイガEWB(ベンテイガEWB) 記事一覧

ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】

AMW編集長西山が話題の業界スポットを訪れ、ここから始まる新たなストーリー(縁起)に想いを巡らせる「縁起モノSTORY」。今回はベンテイガのロングホイールモデルのジャパンプレミアのが開催された六本木ヒルズカフェ/スペースを訪問してきました。

ベントレー「ベンテイガ EWB」は「江之浦測候所」と同じく審美的なアプローチで生み出されている【美と食を巡る旅:熱海編・後編】〈PR〉

AMWがベントレーで訪ねる「美」と「食」を巡る旅。「熱海パールスターホテル」で地元の海産物と自家源泉の温泉で身体をしっかりと整えた翌日に向かったのは、「小田原文化財団 江之浦測候所」でした。現代美術家である杉本博司氏の美意識が凝縮した江之浦測候所とベントレーに通じるものとは何だったのでしょうか。

奇抜すぎるベントレー「ベンテイガ EWB」は純正マリナー仕立て。オプション受注を1年前倒しさせた夫婦のオーダーとは?

ベントレーのビスポーク部門のマリナーがまた奇抜なクルマを発表しました。ツートーンカラーのエクステリアカラーを望んだ顧客のために「ベンテイガ EWB」のデュオトーンのプログラム全体が12カ月早まったというのです。そのるきっかけとなった顧客仕様のベンテイガEWBを詳しく紹介します。

ベントレー「ベンテイガ EWB」で非日常のオアシスを求めて「東洋のモナコ」へショートトリップ【美と食を巡る旅:熱海編・前編】〈PR〉

AMWがベントレーで訪ねる「美」と「食」を巡る旅。眩しい陽光に包まれた海岸沿いの道を一路、静岡県熱海へ。「熱海パールスターホテル」でカウンター越しに水平線を遠く眺めながら、地元の海産物を使った旨い鮨を堪能します。

価格は愛車の100倍以上のベントレー「フライングスパー スピード」に惚れちゃいました! CARトップ最年少編集部員が人生最初で最後(!?)の試乗をしました

30万円の中古車が相棒のCARトップ最年少編集部員・鈴村にとって、高級車は遥か彼方の存在。そんな僕にベントレー……しかも名機のW12気筒エンジンを搭載する「フライングスパー スピード」に乗れるチャンスが巡ってきた! ということで、その様子をレポートします。

ベントレーは「知れば知るほど虜になる!」 新人編集者が「フライングB」の世界観を初めてサーキットで体験してきました

クルマ業界未経験の新人編集者が千葉県の袖ケ浦にあるサーキットでベントレーを試乗しました。本記事ではカルチャー好きな私がベントレーの伝統や進化に触れて、プロダクトの魅力や乗り心地をお伝えします。走り心地はこちらの記事よりご堪能ください。100年以上にわたって練り上げ、受け継いできたクラフトマンシップがつくりあげる極上のスタイリングに注目です。

総額約2億円のベントレーを乗り比べ! サーキットで奥様を夢中にさせたのはW12気筒エンジンでした【世田谷マダムのクルマ探訪記※番外編】

東京は世田谷在住の筆者が、クルマの魅力と世田谷などの街の魅力を融合させた情報を主婦目線で発信するのが本企画です。今回は番外編として千葉県の袖ケ浦にあるサーキットを訪れました。諸事情により“不動車”と化している筆者の愛車に代わり、サーキットでの相棒となったのは総勢6台ものベントレー。その様子をお届けします。

ベントレー「ベンテイガ」にデリバティブ「A」が仲間入り! ラグジュアリーSUVに新しく付いた装備を紹介します

ベントレーにあらたなデリバティブ(パッケージオプション)が加わりました。「スピード」を頂点とするスポーティ路線の「S」に相当する、「アズール」を頂点とする快適路線のデリバティブとはどのようなものか、「ベンテイガ」で解説します。

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS