クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 奇抜すぎるベントレー「ベンテイガ EWB」は純正マリナー仕立て。オプション受注を1年前倒しさせた夫婦のオーダーとは?
CAR
share:

奇抜すぎるベントレー「ベンテイガ EWB」は純正マリナー仕立て。オプション受注を1年前倒しさせた夫婦のオーダーとは?

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Bentley Motors

  • ベントレーのビスポーク部門のマリナーがまた奇抜な車を発表したベンテイガ EWB
  • カリフォルニア州アーバインに住むご夫婦が依頼したベンテイガ EWB
  • マンダリンとインペリアルブルーのレザーをドラマチックに組み合わせたキャビン
  • ギアレバー、ドアトリムにあしらわれたアクセントカラーのキングフィッシャーの輝き
  • ベントレーのシートエンブレムはキングフィッシャーで刺繍されている
  • フェイシア、リアセンターコンソール、ドアインナー、ピクニックテーブルには、軽量で現代的でサステイナブルなオープンポア・コアのウッドパネルが選択された
  • ドアトリムにあしらわれたアクセントカラーのキングフィッシャーはラグジュアリー感をより鮮やかに表現している
  • ペイント仕上げの22インチ10本スポークホイールも、ボディと同色のキングフィッシャーにペイントが施されている
  • トレッドプレートには「One of One」のメッセージが刻まれている
  • ボンネット、ルーフ、アッパーボディに採用されたオニキス仕上げが美しい
  • マンダリンとインペリアルブルーのレザーをドラマチックに組み合わせ、ラグジュアリー感をより鮮やかに表現しているキャビン
  • 顧客からの要望により実現したベンテイガ EWBのデュオトーンのエクステリア仕様

マリナーが手がけた「ベンテイガ EWB」の「 無限の選択肢」

ベントレーのビスポーク部門のマリナーがまた奇抜なクルマを発表しました。ツートーンカラーのエクステリアカラーを望んだ顧客のために、「ベンテイガ EWB」のデュオトーンのプログラム全体が12カ月早まったというのです。発表を早めるきっかけとなった顧客仕様のベンテイガ EWBとはどのようなものか見ていきます。

キングフィッシャーに惹かれて

カリフォルニア州アーバインに住む夫婦が依頼したベンテイガ EWBは、ベントレーのビスポーク部門であるマリナーのクラフツマンシップを象徴する1台である。当初、夫婦はベンテイガ EWB アズール V8 ファーストエディションを注文するためにディーラーを訪れ、標準オプションで用意されている460億通りのコンフィギュレーションからエクステリアカラーとインテリア仕上げを選ぶつもりだった。

しかし、マリナーのデザインマネージャーであるフィル・ディーン氏の助言もあり、夫妻はさらに自分らしいクルマを作ることを決意したという。鮮やかなキングフィッシャーブルーのエクステリアカラーに即座に惹かれたものの、ブラックラインスペックを引き立てるために、対照的なエクステリアカラーが必要だと感じた。ベントレーのペイントショップと話し合った結果、デュオトーンでの製作が可能であることがわかり、それによりベントレーはベンテイガ EWBへのこのオプションの受注を予定より1年前倒しするためのプロセスを開始したという。

マリナーによる特別仕様

顧客から依頼されたベンテイガ EWBは、カリフォルニアの日差しをまぶしく照らすように考案されたキングフィッシャーブルーにオニキスをあしらった個性的なデュオトーンのエクステリアのモデルとなった。ウェルネスにフォーカスしたアズールパッケージを基本仕様とし、ブラックラインとツーリングスペックを加えた後、リアプライバシーガラスの追加とテールゲートのベントレーレタリングの削除も要望された。

ボンネット、ルーフ、アッパーボディに採用されたオニキス仕上げは、ブラックラインスペックのグロスブラックのグリル、フロントエアインテーク、ウィングベント、サイドコーチライン、リアディフューザーとシームレスに一体化している。キングフィッシャーブルーとのコントラストが際立ち、ダークなルーフとキャビンがこのクルマにより低くスポーティな印象を与えることに成功。ペイント仕上げの22インチ10本スポークホイールも、ボディと同色のキングフィッシャーにペイントが施されているのも珍しい。

マンダリンとインペリアルブルーのレザーをドラマチックに組み合わせたキャビンは、ラグジュアリー感をより鮮やかに表現している。フェイシア、リアセンターコンソール、ドアインナー、ピクニックテーブルには、軽量かつ現代的でサステイナブルなオープンポア・コアのウッドパネルが選択された。

しかし、最も大きなインパクトを与えるのは、シートボルスター、ロアフェイシア、ステアリングホイールの6時位置のタブ、ギアレバー、ドアトリムにあしらわれたアクセントカラーのキングフィッシャーの輝きである。ピクニックテーブルを伸ばすと、その上面にもキングフィッシャーのアクセントが現れる仕様となった。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS