クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

HONDA(ホンダ)

AE92レビン・トレノ

「スカイライン」「シルビア」「シビック」の不人気モデルが再評価。今こそ乗ってみたい懐かしの国産スポーツカー覚えてますか?

自動車はフルモデルチェンジで進化しますが、その結果、残念ながら先代モデルのファンががっかりしてしまうこともあります。確実に進化し走りが良くなったものの、当時大歓迎されなかった悲しき国産スポーツカーを紹介。今乗れば、魅力を再発見できること間違いなしです。

新型「プリウス」登場で見直したい「国産4ドアセダン」とは? 姿カタチのよかった隠れた名車を紹介します【カタログは語る】

新型トヨタ プリウスの登場をキッカケに、これまでの国産4ドアセダンでスタイリッシュだと思えたクルマにはどんな車種があったでしょうか。そこで、カタチにこだわる(!?)島崎七生人さんが独断で選んだ“姿カタチがよかった国産4ドアセダン”をカタログで取り上げます。

「チェリー」から「ダットラ」まで6年で10台! ポンコツ車が乗り放題だった昭和のカーライフを振り返ろう

大阪の写真館を切り盛りしながらトヨタ「コースター」のキャンピングカーでカーライフをエンジョイしている新川治朗カメラマン。彼が若かりし頃、80年代前半のヤンチャでムチャなクルマ遍歴をレポート。昭和の時代の1人のクルマ好きの歩みを紹介します。

確かな強さで悲願の年間王者戴冠を目指す「Astemo NSX-GT」に注目【SUPER GT 2023 Teams】

日本を代表するGTレースが「SUPER GT」です。毎戦国内外のスポーツカーがしのぎを削り、迫力のバトルシーンが繰り広げられるのが特徴です。今回は17号車Astemo NSX-GTで戦う「Astemo REAL RACING」を紹介します。
チェッカー直後

開幕戦の無念を晴らす! スーパーGT第2戦富士GT500クラスを制したのは36号車「au TOM’S GR Supra」でした

ゴールデンウイークということもあり、多くのレースファンが詰めかけた富士スピードウェイ。スーパーGT第2戦が開催されました。GT500クラスを制したのは、36号車au TOM'S GR Supraでした。

2023年シーズンのM-TECはARTAとタッグ! 16号車「ARTA MUGEN NSX-GT」は若手ドライバーで戦いを挑む【SUPER GT 2023 Teams】

日本を代表するGTレースが「SUPER GT」です。毎戦国内外のスポーツカーがしのぎを削り、迫力のバトルシーンが繰り広げられるのが特徴です。GT500クラスはトヨタ/ニッサン/ホンダの3社が参戦。今回は16号車のARTA MUGEN NSX-GTを紹介します。

ホンダ「S-MX」の「走るラブホ」はホントだった!? ティッシュボックス以外にも間接照明でムード満点でした【カタログは語る】

1996年発売の「S-MX」は、当時イケイケだったホンダの「クリエイティブ・ムーバー」第4弾。カップルの距離感を縮めるベンチシートはフルフラットアレンジ可能でユーティリティも充実。「恋愛仕様」として独自の存在感を発揮しました。当時のカタログとともに振り返ります。

鈴木亜久里氏率いる名門チーム! 8号車「ARTA MUGEN NSX-GT」の活躍に期待大です【SUPER GT 2023 Teams】

日本を代表するGTレースが「SUPER GT」です。毎戦国内外のスポーツカーがしのぎを削り、迫力のバトルシーンが繰り広げられるのが特徴です。GT500クラスはトヨタ/ニッサン/ホンダの3社が参戦。今回は8号車のARTA MUGEN NSX-GTを紹介します。

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS