「旧車・クラシックカー」の記事一覧 - 5ページ目

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

バブルの申し子「13クラウン」が30年落ちなのに高い! 人気の秘密とは

押し出し感あふれるスタイリングと豪華な装備で人気を博す 1980年代後半、バブル景気真っ只中のこの時代はとにかく活気があった。自動車メーカーも当時は勢いがあり、数多くの名車を世に贈り出した。特に高級セダンはコストカットを...

続きを読む...

メーカーの粘り勝ち! 初代はコケるもモデルチェンジで「逆転大人気」となったクルマ5選

よくぞここまで立派に!出だし不調の逆転グルマ 歴史を重ねたクルマには「初代モデルはパッとしなかったけど、今は人気車になっている」というモデルもある。オオモノは普通よりも遅く大成するという謂れもある。そんなクルマを振り返り.…

続きを読む...

日本車きっての宇宙船デザイン! 偉大すぎるマツダ・コスモスポーツは中身も「未来」だった 

宇宙船のようなデザインに独自エンジンを搭載 コスモスポーツが発売された1967年は、55年生まれの私は12歳で、中学1年生だった。幼稚園の卒園アルバムの表紙に自動車の絵を描くほどの私だが、コスモスポーツの姿は宇宙船のよう...

続きを読む...

「エボォルツィオーネII Club Hi-Fi仕様」と「コレツィオーネ」 ランチアデルタのレアモデルが京商によりミニカー化!

全カラーリングが欲しくなるクオリティ! 模型メーカーの京商からランチアデルタHFインテグラ−レ16VエボォルツィオーネIIの限定車が6月29日に発売された。 ランチア、というブランドネームを聞いて真っ先にWRC(モーター...

続きを読む...

「スポコン」「顔面スワップ」! 懐かしがったら「マニアオヤジ」確定のクルマ用語5つ

時代の流れで使われなくなってしまった言葉も クルマの世界でも、マニアの間だけに通じるフレーズがいくつかある。かつてカー・エンスージアスト=エンスー(熱狂的なファン)という言葉もあったように、今となっては死語となりつつある…

続きを読む...

「エアロパーツ付属」とか京商本気すぎ! 初心者でも手軽に楽しめる「スバル サンバー」のラジコンの中身が面白い

カスタマイズで個性も主張できる! 京商といえば幅広いラインナップが魅力的なミニカーはもちろんのこと、本格的なラジコンまで手掛けている模型メーカーだ。ミニカー同様、ラジコンのラインナップも色々取り揃える同社だが、中でもエ…

続きを読む...

いきなりF1参戦に超スポーティ軽トラ! 誰もマネできないホンダの黎明期がやっぱり凄かった

オリジナルの技術を追求 オートバイから始まり  はやくもF1GPを制す 国内乗用車メーカーの歴史では最も若く、母体企業まで含めて唯一となる、戦後生まれのメーカーが本田技研工業(以下ホンダ)です。 創業社長は本田宗一郎。ホ...

続きを読む...

ここまで復活が待望されるクルマはない! 男も女も熱狂させた「歴代シルビア」伝説

いまだ復活の思いがささやかれ続けるクルマ 日本のクルマの中でも、ファンたちからの再登場が望まれるという声が止まないブランドがある。生産終了後すでに20年近くが経とうとしている日産のシルビアだ。栄枯盛衰は世の常ではあるもの.…

続きを読む...

5 / 76«...34567...»