「サスペンション」の記事一覧

「サスペンション」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    これが日本最高のアフターメーカー「HKS」の本気! 86&BRZを極限まで走らせるパーツの世界

    タービンからマフラーまで完全網羅 日本を代表する総合チューニングメーカーとして知られるHKS。その歴史は古く、1973年にレース用エンジン&パーツの開発を行うために立ち上げられ、その翌年には業界初となるケンメリ・スカイラ...

    続きを読む...

    街乗りでも効果を体感しやすい! 素人でも違いが分かるチューニングパーツ5選

    愛車や目的に合わせたチョイスを 世の中には数え切れないほどのチューニングパーツが出まわっている。それらの効果やノーマルとの差を体感できるのは、クルマを限界域で走らせるサーキットだけじゃない。車種を問わず街乗りでも違いを…

    続きを読む...

    最新サスペンションを乗り比べ!10月6日「カスタマイズ・カーニバル」で試乗会を開催

    人気のサスペンションメーカー勢揃い! 10月6日に大阪・舞洲でドレスアップカーの祭典「カスタマイズ・カーニバル」が開催される。前身となるスーパーカーニバルからさらに内容をパワーアップし、人気サスペンションメーカー5社によ...

    続きを読む...

    シャコタンのクルマは要注意! 最低地上高9cm以上でも車検をパスできないことも

    ホイールベースが長いクルマは下げすぎに注意 ドレスアップやチューニングでは定番ともいえるローダウン。車高調整式サスペンションキットの装着やスプリングを交換し、ノーマルよりも車高を落とすのが一般的。だが、ここで気をつけな…

    続きを読む...

    トヨタ 新型スープラの伸びしろは? 3大チューニングメーカーに聞いてみた

    車高調とエンジンチューンは鉄板メニュー 2019年1月14日にアメリカ・デトロイトショーで世界初公開されたトヨタ新型スープラ。そして2月にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019では、右ハンドルの国内仕様が初...

    続きを読む...

    車体がフワフワしたら疑うべき? サスペンションのダンパーが抜ける原因と症状とは

    クルマを安定させる減衰力を発揮できない 自動車に使われる「ダンパー」の仕事は大きく分けて二つある。ひとつは凸凹を通過したあと、いつまでも伸び縮みを繰り返そうとするスプリングの力を、オイルの抵抗力でそのエネルギーを吸収す…

    続きを読む...

    背が高いダイハツ・トール用の走りを安定させるスポーツ・ショックアブソーバ発売

    ノーマルの乗り心地を確保しつつ、ロール量を低減 リッターカーで性能満載のダイハツ・トールの姿をさらに引き立たせるショックアブソーバが、ダイハツ車のカスタムパーツを手がける「D-SPORT(ディースポーツ)」から販売となっ...

    続きを読む...

    車検が通らないことも! 車高をあげるメリット・デメリットとは

    全高2m超では陸運局で構造変更申請が必要ノーマルから車高を変更する場合、ローダウン(シャコタン)の方が一般的だが、四駆のクルマを中心にノーマルよりも車高を上げるハイリフト、あるいはリフトアップというカスタムもある。このハ.…

    続きを読む...

    1 / 3123