「サーキット走行」の記事一覧

「サーキット走行」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「雨だから」でキャンセルはもったいない! サーキットでは「ウエット」こそ「ラッキー」と思うべき理由

雨のサーキットでドラテク向上へ サーキットでのスポーツ走行が好きだという人でも、雨天でのドライビングが得意という人は多くはない。雨が降ると視界は悪いし、滑りやすいし、タイムも出ないし……。しかし、昔から「上手くなりたかっ.…

続きを読む...

「上手くても」「慣れてても」「晴れてても」行うべき! サーキットを流して走る「慣熟走行」が必須なワケ

全開の前に必ず行いたい「人とクルマの準備運動」 サーキット走行を安全に楽しむための鉄則と言われているのが、最初の2〜3周は全開せずにゆっくり流す「慣熟走行」だ。じつはアマチュアだけでなく、プロドライバーでも当たり前に実践.…

続きを読む...

「抜く」より大切なのは「抜かれ方」だった! サーキット初心者が憶えておくべき重要なマナーとは

追い抜かれたいときの意思表示が大事 サーキットビギナーにとって、他の速いクルマと一緒に走るというのはけっこう怖い。走行会によっては、自己申告でタイム別にクラス分けを行っているところも多いので、まずはそうした初心者向けの…

続きを読む...

ちょっと走ったらズタボロ! サーキットでアッという間にタイヤが「摩耗」する理由と速くても「減らさない」コツ

サーキット走行はタイヤの摩耗に要注意 愛車をサーキットで思い切り走らせ、パドックに戻ってタイヤを見たらボロボロで唖然とした、という経験をした人がいるかもしれない。「そんなめちゃめちゃハイグリップで低寿命のタイヤでもない…

続きを読む...

「ブレーキ」を制するものは「走り」を制す! コーナーが速くなる「本当の」減速ポイントとは

ブレーキングのコツと最適な練習方法とは サーキットビギナーに共通するひとつの悩みが、各コーナーでどこからブレーキを踏めばいいのかという問題。いわゆるブレーキングポイントの探り方だ。事前にサーキット攻略法などのDVDや動画...

続きを読む...

ハイグリップに換えたら遅くなった! 冗談みたいな話もホントに起こる「サーキットタイヤ」の難しさ

グリップだけを上げてもプラスになるとは限らない スポーツ走行はパワーだけじゃなく、いわゆる『曲がる』と『止まる』も大事。ふたつに大きく影響するパーツがタイヤ。ハイグリップ=高性能というのが定説だけど、練習にはローグリッ…

続きを読む...

全開はクルマに思わぬダメージ! サーキットで必須の「クーリングラップ」の意味とやり方

サーキット走行で必要な冷却タイム ドライビングの楽しさと引き替えに、クルマには負担がかかってしまうサーキット走行。油温や水温は極端に上昇するし、ブレーキやタイヤの消耗も激しい。そういったダメージを少しでも減らし、トラブ…

続きを読む...

    事故に繋がる? サーキット走行で運転席の「フロアマット」厳禁の理由とは

    運転中にズレてしまいペダルに挟まる可能性も 新車購入時、ほとんどオプションをつけないといっても「フロアマット」だけは選ぶという人は多い。カーペットタイプを使っているドライバーが多いが、アウトドア派や業務用途ではゴムマッ…

    続きを読む...

    1 / 212