「ハコスカ」の記事一覧

「ハコスカ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「旧車趣味」の神髄はクルマとの会話にあり! わずか100馬力超のエンジンでも楽しめる理由とは

60年代スポーツカーが牽引してきたもの 旧車の人気が高まりつつあるなか、実際に1960年代のクルマがどれほどの実力であったのか、単に主要諸元を見ただけではわかりにくい点もあるだろう。昨今のクルマとの馬力比較をしてみても、...

続きを読む...

「ハコスカGT-R」を手軽にコレクション入りさせられる! 塗装も接着剤も不要のプラモデルがアオシマから登場

プロポーション抜群のハコスカが登場! ホビーメーカーの青島文化教材社から「1/32スケール ニッサンスカイライン2000GT-R(KPGC10)」のプラモデルが2020年8月末に発売される。 塗装不要/接着剤不要/お手頃...

続きを読む...

「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格

そんなに価格が高い!? と驚かされる国産旧車 中古車にも「価格が上がる」車種と「下がる」車種がある。前者の筆頭は、昔から「人気がある車種・もしくは世代」というイメージで、こちらは時代に合わせた安定した価格が維持され続ける.…

続きを読む...

新車価格の5倍6倍はザラ! 約50年も経った初代スカイラインGT-Rの中古が超高額なワケ

人気、知名度、ともに群を抜く旧車界の王様 依然衰えぬ旧車人気。なかでも高嶺の花となっているのが通称「ハコスカ」、3代目スカイラインのC10系だ。もう少し正確に言えば人気の争点はGC10系、つまり2000GTシリーズで、程...

続きを読む...

旧車の脱定番メイクに熱視線!あえてオリジナルをキープせず、イマドキに蘇らせた日産車4台に迫る

自由な発想で日産旧車をカスタマイズ オリジナリティ溢れる独自の旧車リメイクを展開する「イーストボール」。今年は歴代スカイラインにフェアレディZ(S30)を加えた4台を出展し、旧車ファンの熱視線を集めた。 昨年の大阪オート...

続きを読む...

知られざる宿敵の存在「日産・歴代スカイラインGT-Rのライバル車とは」

ライバルがいたからこそ生まれた最強モデル 2019年は、初代スカイラインGT-R(PGC10)の誕生から50周年が経過したメモリアルイヤー。さらに2代目のケンメリ・スカイラインGT-R(KPGC110)から16年ぶりに復...

続きを読む...

スカイラインGT-RとフェアレディZ柄の手ぬぐいが登場! 名車と濱文様がコラボ

国産糸を使い伝統の捺染で染め上げる  クルマ好きなら誰もが一度は憧れた、日産スカイラインのホットモデルとして1969(昭和44)年にデビューを果たしたGT-R(C10型・ハコスカ)。同じく昭和44年、ロングノーズ&ショー...

続きを読む...

国産セダンがポルシェの前を走った日「スカイライン」モータースポーツ列伝

日本のモータースポーツ黎明期から君臨 国産のスポーティカーで、歴代モデルがモータースポーツで活躍したクルマと言えば、やはりスカイラインだろう。 なんといっても、後に日産自動車に吸収合併されるプリンス自動車工業が、富士精…

続きを読む...

1 / 3123