「三菱」の記事一覧

「三菱」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

キャリイかハイゼットか? 燃費からカスタムまで7番勝負で軽トラ王座を決める!

現行の軽トラは実質3車種だが、約1年後には2択になる 2020年現在、新車で買える軽トラは、スズキ・キャリイ、ダイハツ・ハイゼットトラック、ホンダ・アクティトラックの実質3車種のみ。「サンバートラックとかミニキャブトラッ...

続きを読む...

三菱の新型軽スーパーハイトワゴン、ワイルドな「eKクロス スペース」が人気なワケ

ボディカラーや人気オプションの動向 三菱自動車は3月19日、新型軽スーパーハイトワゴンの「eKクロス スペース」と「eKスペース」の発売を開始した。新型車の概要については2月6日に発表済みだが、発売前日の3月18日時点で...

続きを読む...

ホンダ「CVCC」から三菱「GDI」まで、排ガス規制や環境問題から生まれたエンジンの日進月歩

シリンダー内の燃料をいかに燃やしきるか ガソリン/ディーゼルの内燃機関から電気モーターとの複合動力となる「ハイブリッド方式」、さらには電気モーターによる「EV」と、自動車の動力源は変化を遂げつつある。しかし、これらは社会.…

続きを読む...

自衛隊の足として活躍する「パジェロ」 市販モデルと異なる点や活動内容を聞いてみた

陸上自衛隊で活躍する最も身近な1台 三菱が誇るクロカン4WD車「パジェロ」が、昨年8月に生産を終了したことは記憶に新しい。1982年より40年近くも販売されたが、パジェロとしては4世代と、1代あたりがじつにロングライフだ...

続きを読む...

「ターボ」や「DOHC」を大々的にアピール! 1980年代に流行したクルマの「フルライン戦略」とは

メカニズムがセールスコピーにとなった時代 1980年代の国産自動車メーカーは、自社製品を特徴付けるため「フルライン○○」といった表現を使っていた。それは排出ガス対策に追われ、性能追求ができなかった1970年代のこと。メー...

続きを読む...

アクティブ感が満載の魅力的な「eKクロス」と「エクリプス・クロスが登場【東京オートサロン2020】

実用性がたっぷりな2台 1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に、三菱自動車は「eKクロス」と「エクリプス・クロス」をベースとしたカスタマイズ車を参考出品。ワイルドかつ実用性たっぷり...

続きを読む...

三菱自動車「特務機関NERV災害対策車両」の整備計画を始動! ゲヒルン、スカパーJSATと共同開発へ

電源と通信を独自に確保する次世代災害対策車 三菱自動車、ゲヒルン、スカパーJSATの3社は、災害による長期停電や通信網の途絶に備え、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした“災害対策車”を共同で製作した...

続きを読む...

日本自動車殿堂 歴史遺産車に「マツダ ロードスター」と「三菱A型」を選定

日本の自動車史に与えられる貴重な称号 マツダの小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(初代)」と三菱自動車のクルマ作りの起源となった「三菱A型」が『日本自動車殿堂 歴史遺産車』に選定された。マツダ車にとっては、2...

続きを読む...

1 / 41234