クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 完成度MAXのワークスチューニングモデルが150万円以下! お買い得すぎるバカっ速中古車4台
ワークスチーム
share:

完成度MAXのワークスチューニングモデルが150万円以下! お買い得すぎるバカっ速中古車4台

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: Auto Messe Web編集部

今が狙い目のコンパクトワークスチューンモデルを紹介

 自動車メーカー直系のモータースポーツ部門を指す「ワークス」。そこが手がけたカスタムパーツや車両を『ワークスチューン』と呼び、TRD(トヨタ)やニスモ(日産)、STI(スバル)などがある。母体である自動車メーカーのデータやレースのノウハウを色濃く受け継ぐだけあり、クオリティの高さはモチロン市販車への装着を前提としたパーツは保安基準に適合している。

 そうした『ワークス』が作り上げたコンプリートカーが、各メーカーにいくつも存在することをご存知だろうか。ベース車両を大きく凌駕するパフォーマンスとステータス性があり、かつ手ごろな価格で購入できるモデルをピックアップしたい。

日産マーチ NISMO S

 トップバッターとして紹介するのは「マーチ NISMO S」だ。K13型マーチはワンメイクレースこそ開催されていないが、軽量コンパクトなボディが生み出すキレのいい走りは健在。ベース車としてのポテンシャルは従来のK12やK11と遜色ない。

 そんなK13には『NISMO S』と『NISMO』のコンプリートカーがあり、より高性能なのは専用チューンを施したエンジンを搭載する『NISMO S』だ。

 カムのプロフィールや圧縮比などを変更したHR15DEエンジンに5速MTを組み合わせ、コンピューター/エキゾーストシステム/ブレーキ/サスペンションも専用に。220㎞/hまで刻まれたコンビメーターやスポーツシートにペダル類と、同じコンプリートカーである『NISMO』とも一線を画したスペックを誇る。中古車の価格は初期型で走行距離が多ければ50万円~、新車が187万6600円なのでお買い得感は高い。

トヨタ・ヴィッツ RS G’s

 続いてトヨタからは「ヴィッツ RS G’s」を選んでみた。NCP131ヴィッツに数々のパーツが組み込まれ、車高はベースであるRSから10mmのローダウン、専用ブレーキパッドにハイグリップタイヤ、シートやステアリングのデザインも異なる。

 エクステリアではスポーティなデザインのエアロに変更、大型のリヤスポイラーや冷却性が高そうなグリルは、機能性だけじゃなくドレスアップ効果も十分に高い。なおミッションは5速MTのほかにCVTもあるので、AT限定免許のドライバーにもオススメといえる。

 ちなみに「G’s」とは『TOYOTA GAZOO Racing』のドライバー陣が開発しており、プリウス/マークX/ハリアーといった多くの車種にコンプリートカーを設定している。中古車の相場は60万円~探すことができる。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS