「旧車」の記事一覧

「旧車」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「理想」と「現実」の致命的すぎるギャップ! にわか「旧車」オーナーが突き当たる「7つの壁」

旧車人気のいまだからこそ真実を知ることが大切! 最近はいろいろなメディアで旧車が取り上げられているのを目にする。まことに喜ばしいことだが、取り上げ方が素敵過ぎて、今のクルマにはない魅力いっぱいのように思えてくるものも多…

続きを読む...

ありか? なしか!? 「エンジンの暖機運転」問題がついに決着

暖機は何のため? エンジン以外の機関系も暖めなくてOKなのか 自動車を停車時、駐車時にアイドリングをすることは都道府県の条例などで禁止されている。駐停車時は必ずアイドリングストップというのは、いまの時代に生きるドライバー.…

続きを読む...

42年で地球27周分を走った一般オーナーのメルセデス! 意外な整備の中身とは

1978年式ワンオーナー「W123型300D」の詳細 今回紹介するメルセデス・ベンツ・ディーゼル乗用車は、以前の記事でもご紹介した1978年式の「300D/W123」。2002年9月に100万kmを走破し、いまも現役で活...

続きを読む...

同じ「古いクルマ」なのに「旧車」「クラシックカー」「ヴィンテージカー」と呼び名はさまざま! 何が違うのか?

ヴィンテージカーとは歴史的なエピソードがある特別なクルマを指す言葉 旧車が高騰というのは本サイトも含めて、よく見かけるし、聞いたりもする。それゆえ、旧車というのが、最近では広く使われているように思うが、同じような意味と…

続きを読む...

モノを大切にする「旧車乗り」と支える「メーカー」がなぜ悪い! 13年での「重課税」という日本の愚策

熟成された海外事情、そこへ向き始めた日本企業、それを阻む「税金問題」 ここ最近、いわゆる「旧車ブーム」だが、中でも人気なのがバブル時代前後に登場したクルマたちである。ところでいつから「旧車」扱いになるのだろうか。モデル…

続きを読む...

マイナー車まで高騰の怪! いま日本の「中古車市場」を襲う「海外」からの買い付け

マイナー車種でも海外で日本車の人気が高い 古くなって値上がりするクルマというと、かつては昔から存在価値がある車種というのが定番だった。クルマの場合はフェラーリなどの輸入車がほとんどで、国産車ではトヨタ2000GTなど一部...

続きを読む...

旧車乗りは部品との戦い! なくなってからでは遅い「いま確保すべき」パーツ5つ

必用になってからでは手に入らないことがある 「いつまでもあると思うな親と部品」という言葉があるかどうかは別として、旧車を維持するには部品の確保が欠かせない。そんなの当たり前だろう、と思うかもしれないが、これが油断しやす…

続きを読む...

高性能がゆえにクルマを壊す! 旧車乗りが「使ってはいけない」いまどきパーツ4つ

旧車は「最新」「高性能」なモノがベストとは限らない クルマにしてもパーツにしても、基本的には「最新のものが最高の性能」と言える。とくにクルマは技術進化の度合いが激しいので尚更だが、なんでもかんでも新しいものが良いとは限…

続きを読む...

1 / 1312345...»