「タグ: 旧車」の記事一覧

114台の国内外の名車が集結! サクラ・オートヒストリーフォーラム2019開催

車種基準の敷居が低く参加しやすい 初夏を象徴するバラが見頃を迎えた5月11日、千葉県佐倉市・草ぶえの丘で「第9回サクラ・オートヒストリーフォーラム2019」が開催された。114台のオーナーカーと見学者が訪れ、賑わいを見せ...

続きを読む...

旧車やキャンピングカーの転用も期待! 死角をモニター化する「モービルアイ・シールドプラス」が発売

ドライバーの死角をつねにモニターできる ジャパン・トゥエンティワンがマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社の「モービルアイ・シールドプラス」を発売。従来の前方衝突事故を回避する警報機能を備えながら…

続きを読む...

クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

アクセルを踏みながらの始動は無用 かつて、ソレックスやウェーバーという「キャブレター」を採用した高性能エンジンが証だった頃、冷間始動(コールドスタート)させるには、一連の儀式があった。電磁式燃料ポンプの場合、ACCまでキ...

続きを読む...

セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

70年代のヒーロートリオ 幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催されているオートモビルカウンシル2019は、老若男女を問わず、クルマ好きが心躍らせるクルマたちが勢ぞろいしている。中でも70年代のヒーロートリオともいえる、...

続きを読む...

1 / 7123...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  8. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...