「高齢者」の記事一覧

「高齢者」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

不幸を招かないために高齢ドライバー必見! 国交省お墨付きの「後付け誤発進防止装置」が凄かった

いま乗っているクルマに後付けできる! 誤発進防止装置 近年、高齢ドライバーによる事故のニュースが後を絶たず、高速道路を逆走したり、駐車場から店舗に突っ込むといったさまざまな事例が報告されている。なかでも頻繁に耳にする事…

続きを読む...

乗り降りがしんどければ迷わず選択! 高齢者の腰&膝に優しい「回転式シート」の便利さが衝撃的

足腰が悪くても乗り降りしやすい福祉車両 高齢者を助手席や後席に乗せた経験のある方は、けっこう時間がかかるものだということを認識していることでしょう。高齢者はクルマに乗るという、なんてことのない行為がけっこう大変だったり…

続きを読む...

車酔いはなぜ起こる? 同乗者に負担を掛けさせない運転方法とは

道筋を意識しながら操作する とくに高齢者は足腰が弱くなってきたり、体の動きが鈍くなったりするので、同乗の際には運転に気遣いが必要だ。同じく小さな子供連れの場合も、クルマの動きに体がうまく対処できないことも考えられ、チャ…

続きを読む...

【クルマの相続】所有者が故人となった車両の使用や名義変更はどうすればいい?

相続時には名義変更をしておく必要あり 不動産や預貯金などと同じく「クルマ」も財産のひとつ。高級車ではない一般的なクルマであっても相続財産の扱いとなり、遺産分割協議の対象となります。所有者である持ち主が亡くなった時点で、…

続きを読む...

過去最多となった運転免許証の自主返納、「運転経歴証明書」で得られるメリットとは

運転できないデメリットをサポートする必要性 警察庁によると75歳以上の運転免許保有者は2019年12月時点で、約583万人。2019年11月には、高齢ドライバーや、その家族向けの相談ダイヤル「#8080(はればれ)」を開...

続きを読む...

一発で免許取消しの可能性も 「あおり運転厳罰化」へ道路交通法改定案を閣議決定

「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」 3月3日、新たな「道路交通法改正案」が閣議決定された。内容は「あおり運転の厳罰化」や「高齢ドライバーへの実車試験の新設」などで、通常国会で成立すれば前者の厳罰化は2020年夏...

続きを読む...

「ドライバーが運転中に意識不明なったらどうすべき?」 助手席からクルマを止める3つの対処法

エンジン・駆動・ブレーキを使った減速法 ドライバーが急に意識を失って暴走するという事故は滅多に起きるものではないが、高齢ドライバーが増えてきている昨今は、そうした心配をしているパッセンジャーも多いのではないだろうか。高…

続きを読む...

高齢化社会到来で今後のクルマに求められる福祉の視点とは

高齢者のための装備がすべての人のために クルマについては「高齢者に運転しやすいとか、障がい者でも操作可能」といったことが謳われることがありますが、これはそうした一部の人だけのためではなく、あらゆる人のためになることにつ…

続きを読む...

1 / 612345...»