「福祉車両」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

高齢の両親にオススメしたい! 予算150万円で狙える安全装備充実のコンパクトカー5選

新車で狙える予算内に注目 事故のニュースを見て他人事に感じている人もいるかもしれませんが、ハンドルを握っている限り交通事故を起こす可能性は誰にでもあります。どんなに自信があってもヒューマンエラーをゼロにすることはできま…

続きを読む...

ホンダの5ナンバーワゴン「シャトル」がマイナーチェンジ!静粛性向上など質感をアップ

内外装の意匠を変更して特別感を演出 ホンダは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインを持ち合わせた国産車で数少なくなった5ナンバーサイズステーションワゴン「シャトル」をマイナーチャンジ。内外装デザインを刷新するとともに、…

続きを読む...

2台目のクルマに減税はなし! 福祉車両の税制度や助成制度に必要な条件

消費税は何台でも非課税になる 福祉車両の税制や補助について大切なことは、「非課税」、「減税や免税」、「補助や助成」を分けて考えること。そして、クルマ本体と、手帳に関わることを分けて考えることです。 まずは、福祉車両とし…

続きを読む...

販売価格はピンキリ! 電動シニアカー選びでチェックすべきポイント

アフターサービスも考慮して選びたい シニアカーやセニアカー(セニアカーはスズキの商標だが、一般名称として使われることも多い)は、電動車いすの一種という位置づけになっています。電動車いすといえば、いわゆる車いす型の本体に…

続きを読む...

免許返納だけでは避けられない! 高齢化の日本に自動運転車技術が必要なワケ

車酔いの抑制にもなる安全運転支援システム 運転支援システムの開発が、世界の自動車メーカー間で競われている。目指すのは、事故ゼロへ向けた交通安全だ。その行く先には自動運転が視野にあり、Maas(モビリティ・アズ・ア・サービ...

続きを読む...

福祉車両のスロープが登れない!車いすのサイズ選びが大切な理由

スロープや車いすの幅はタイプ毎に異なる 車いすのまま乗車できる福祉車両。しかし、クルマにサイズがあるように乗車するためのスロープ幅にもサイズ差があります。また、車いすにもサイズがあって、場合によってはスロープに入らない…

続きを読む...

増加する高齢者ドライバー問題!交通インフラの充実化させる転機となるか

65歳以上の高齢ドライバーは22.6%と増加中 アクセルとブレーキの踏み間違えや高速道路での逆走など、このところ高齢者ドライバーによる事故がクローズアップされるようになった。特に死亡事故に占める75歳以上の後期高齢者ドラ...

続きを読む...

1 / 13123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  9. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...

  10. 9.98万円で買える!110ccベトナム製ホンダバイクの万能な高性能ぶりに驚いた

    小型2輪のAT限定免許でも運転可能  ここで紹介する110ccバイク、...