マニュアルシフト派が絶賛!ドイツ『CAEレーシング』に潜入 (1/2ページ)

マニュアルシフト派が絶賛!ドイツ『CAEレーシング』に潜入

官能を刺激する絶品ショートシフター

削り出しのソリッドな質感と節度ある動きが生む得も言われぬ快感を、一度でも味わってしまえばこのアイテムなしではもう運転したくない。そんな思いすら覚えてしまう逸品が日本に上陸。ドイツ・エッセンで製作者の思いを聞いた。

わずかな手首の動きだけでシフトチェンジする心地よさ

デュアルクラッチトランスミッションを備えるスポーツカーが増えてきている昨今、純粋なマニュアルトランスミッションの車両を探す方が難しくなってきているのは皆さんも肌で感じているだろう。
ドライバーがクラッチを切り、シフトノブを動かしてギアを変更し、再びクラッチを繋ぐという一連の動作よりも、機械で行った方が圧倒的に速く、そして正確なシフトチェンジができるのだから。駆動力を途切れさせることなくギアを変更していくには、人力を排することが必須だったのだ。CAE 、ショートストロークシフト、クイックシフト、ウルトラシフター

CAE 、ショートストロークシフト、クイックシフト、ウルトラシフター
サーキット用の車両はやはりオペル・カデット。徹底的な軽量化とパワーアップが施されたレーシングマシン。チンスポイラーからワイドフェンダーまで繋がるラインがなんともシブい!

減少の一途を辿るマニュアルギアだが、ポルシェでは一度は廃止したマニュアルモデルを911GT3で復活させるなど、時代の流れとは逆行する商品が世に送り出されている。
0〜100㎞/h加速もPDKの方が全然速いというのに、マニュアルモデルが存在するのには理由がある。シンプルに楽しいからだ。ギアボックスを操作するという行為は、自分の手足を使ってスポーツカーを操っているという感覚に直結する。脳みそに、ダイレクトに訴えかけてくる感覚は指先だけで操るパドルシフトでは得られないものだ。

CAE 、ショートストロークシフト、クイックシフト、ウルトラシフター
カデットにももちろんショートシフターが装着されている。基本的な構造は現在販売されているものと同じというから、最初のコンセプトが完全に正解だったというわけだ。

そんなオールドスクールなマニュアルシフト用のパーツを作るのが、ドイツ北西部の街エッセンに居を構える「CAEレーシング」だ。日本へは昨年から本格的な導入が始まっており、すでにBMWのMモデルやVWゴルフGTIといったスポーツモデルへのアイテムが輸入されている。

CAE 、ショートストロークシフト、クイックシフト、ウルトラシフター

CAE代表:Christian Au(クリスチャン・アウ)
エンジニアであり、サーキット好きでもある代表のクリスチャン・アウ氏。社名は名前のイニシャル+拠点であるエッセンの頭文字から。緻密で妥協のないモノ作りが信条だ。

 

【↓次ページに続く↓】

 


画像ギャラリー