NISMO FESTIVAL 20th anniversary『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る2006~2010』 (1/5ページ)

開催10周年を迎えた2006年から
“NISSAN RACING DNA”を掲げた2010年までを振り返る

自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISMO FESTIVAL」が2017年で記念すべき20回目を迎えた。今回はその歴史を振り返るとともに、この熱きイベントの裏舞台をクローズアップ。
今回のシリーズ3は「2006y第10回~2010y第14回」をお伝えしよう。
ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA

700psを発揮する幻のマシン「R383」が駆け抜ける

【2006y 第10回ニスモフェスティバル】

記念すべき10回目を迎えた’06年。フィナーレのホームストレートにはこれでもか、といわんばかりに新旧マシンが並ぶ。
日産/NISMOのモータースポーツの歴史、参戦カテゴリーの広さ、グローバルでの活動を感じられた1日であった。

ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA

 

年に1度のファン団結式に過去最多のマシンが大集結

ついに記念すべき節目の10回目を迎えたNISMOフェスティバル。イベントタイトルも“10th Lap Special”とされた。ニスモスタッフによる運営でコツコツと続けてきた“ファン感謝デー”は、毎年多くのファンを集めた年末の人気イベントとして定着した。

ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA
現在は恒例行事となっている日産応援団による記念撮影が公となったのもこの年から。こうした熱いファンに日産/NISMOは支えられている!

‘01年ごろからは、前夜の11時あたりからメインゲート前に車列ができ、一夜をクルマの中で過ごす熱烈なファンも増えてきた。イベントは感謝デーの色を強め、オーナーカーによる走行枠を増加。
’06年は歴代のニスモ製コンプリートカーオーナーによるパレードランで幕開け。270R、400R、Z-tune、マーチのS-tuneなどが富士を彩った。

ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA
歴代NISMOのコンプリートカーによるパレードランも初開催。オーナー自らがステアリングを握り、新しい富士レーシングコースを存分に楽しんだ。

また、昨年までのチューナーズバトルに代わって、この年にスタートし、3戦が行なわれた“Z-Car Challenge”の特別ラウンドが開催された。これは同レースに参加した一般のアマチュアドライバーによるレース。大観衆のいる富士スピードウェイのストレートを駆け抜ける快感を味わったに違いない。
また旧車レースに参加する愛好家を集めたカテゴリー混走模擬レースにはハコスカGT-Rや初代フェアレディZ、TS仕様のサニーなどが多数集結。キャブレター独特のサウンドをレーシングコースで響かせ、往年のレースファンを喜ばせた。

ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA
中国のツーリングカー選手権(CCC)の’06年チャンピオンである東風日産のティーダとそのスタッフが初参加。想像以上の激しいサウンドに驚いた。

そしてメインイベントは実戦に参戦することなくお蔵入りとなった幻のレーシングー『R383』のドライブ。このマシンの走りを見たことがある人はそうはいない。伝説マシンの走りを目に焼付けたはずだ。

ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA
オイルショックにより実戦投入されることがなかった『R383』が復活。一時は6ℓV12ツインターボで700psを目指したというが、現在のマシンに搭載されるのはR382と同じV12NA。これでR380シリーズがすべて走れる状態に。
ニスモフェスティバル、2006~2010、ニスモ、GT-R、ハコスカ、ダットサン、ラリー、スーパーGT、グループA
現在も人気のコンテンツのひとつであり、レーシングカーの運転席に座れるコクピットライドは‘06年からスタート。誰もが笑顔になれる催しだ!

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー