鈴鹿サーキットで「2018モータースポーツ ファン感謝デー」開催

鈴鹿サーキットで「2018モータースポーツ ファン感謝デー」開催

初日は2輪&4輪ファン 2万3000人が集結!
ジェンソン・バトンやジャン・アレジの姿も

2018年でF1開催30回目を迎える三重県「鈴鹿サーキット」のファン感謝デーが、3月10日(土)〜11日(日)の2日間で開催。
今年は”SUPER GT”にフル参戦するジェンソン・バトンをはじめ、ジャン・アレジとジュリアーノ・アレジ親子、ジャンカルロ・フィジケラといった海外からの豪華ゲストに加え、星野一義、中嶋悟、鈴木亜久里、土屋圭市といった日本のレジェンドドライバーも参加して大いにファンを楽しませた。鈴鹿サーキット、ファン感謝デー、2018

 

2018モータースポーツ・ファン感謝デーのタイトルは「30回目の鈴鹿F1キックオフ」。そのタイトルに相応しいマシンがサーキットに登場した。
ホンダ・コレクションホールからは1986年型ウイリアムズFW11と1988年型ロータス100Tの二台が招集。さらに3台のフェラーリF1マシンも加わった。1987年に初めて鈴鹿で行なわれたF1グランプリを制したF187(1.5リッターV6ターボ)、「かものはしノーズ」と言われた初のセミオートマ搭載車輛の640(3リッターV12)、そしてミハエル・シューマッハが乗った最後のスクーデリア・フェラーリのマシンとなった248(2.4リッターV8)が揃った。

鈴鹿サーキット、ファン感謝デー、2018
フェラーリ640

 

イベントでは鈴木亜久里vs.土屋圭市のGT300バトル、星野一義vs.中嶋悟の永遠のライバル対決、アレジ親子の走りの共演、世界最高峰のスーパーフォーミュラや世界的にも大人気のスーパーGTの走行、二輪もあるなどファンには堪らないコンテンツが盛りだくさん。残念ながらジェンソン・バトンの出演は3月10日(土)のみだが、ドライバーもベテランからルーキーまでと楽しめるイベントとなっている。 鈴鹿サーキット、ファン感謝デー、2018

また30回目の開催となるF1グランプリは、過去30年のグランプリでインパクトのあるマシン15台、10名を越えるドライバーをゲストとして迎えるなど、過去に類を見ないほどの大規模な日本グランプリとなることなど大改革を「モビリティランド」山下晋社長が発表。
さらに今年から世界中のGT3マシンで争われるSUZUKA 10HOURSレース(鈴鹿10時間耐久レース)は、伝統のスラ・フランコルシャン24時間レースと組んで「Spa-Suzuka CUP」となり、両レースに参戦した車輛の中で決勝レース周回数の合算が最上位のチームに焦点が与えられることも合わせて発表された。鈴鹿サーキット、ファン感謝デー、2018

鈴鹿サーキット、ファン感謝デー、2018
お馴染みカルソニックIMPUL GT-R

 

詳細は鈴鹿サーキットのホームページで確認して頂きたい。

http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/

 

 


画像ギャラリー