奇抜さは要らない、レクサスLSを上品に仕立てられる稀有なボディキット

「レクソン」から先代LS後期に向けて
ジェントルに奏でる4点をリリース

新型LSの登場に沸き立つセダンのカスタム業界だが、現実的なベースとして、盛り上がりを見せるのが先代モデルの後期型だろう。今まで雲上の存在だった国産最高級車が手に届くとなれば、ガチガチにイジり倒すのもいいが、上品さを活かした仕立てもドレスアップの醍醐味ではないだろうか。
そんなオーナーにうってつけなブランドが「レクソン」。先代LS後期に与えたシリーズは『エクスクルーシブ』となり、フロント・サイド・リアに装着される小振りなスポイラーは、純正然とした上品なラインが特徴。
デモカーのように極端な低車高でなくとも、実にジェントルな姿に仕上げることができる。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

40LS後期専用品として開発されたフロントリップスポイラーは、「レクソン」伝統の吊り下げ風デザイン。高級感の中にスポーティテイストをさり気なく添える。両端のカナード風デザインもお馴染みの造形だが、車種の特性に合わせて立ち上がりの角度や形状を変えているのもこだわり。天面を塗り分けて、装着感を高めるのもいいだろう。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKITこのフロントリップスポイラーの中央には、極小サイズのロゴエンブレムを配置。このさり気なさも「レクソン」らしい。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

 

サイドビューのアクセントとなるサイドリップスポイラー。張り出し量はごくわずかに抑えられ、視線を下に誘導させることで、より車高を低く見せる効果を放つ。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

 

リアディフューザーは前中期と共通。フィニッシャーの間に4本のフィンを備えたデザインで、純正では素っ気ないリア周りに動きを生み出した。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

 

トータルコーディネイトに欠かせないリアルーフウイングも用意。ストップランプを挟む2ピース構造のため、車検に対応させたことがポイントだ。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

 

純正の高級感をスポイルしない小振りなサイズ感が『エクスクルーシブ』のポリシー。フロントは純正比+15mmほど下方向への延長にとどめた。リアディフューザーには、レクサス純正のバックフォグが中央に収められる。

限りなく少ない手数で注目度を高める。
「レクソン」は、そんな奥ゆかしいドレスアップにオススメだ。レクソン、LEXON、LEXUS、レクサス、40系、後期、エアロ、BODYKIT

 

LEXON for LEXUS LS(40系後期)
フロントリップスポイラー  6万4800円
サイドスプリッター  7万5600円
リアアンダーディフューザー  6万4800円
リアルーフウイング  5万4000円

 

レクソン TEL042-740-0351
http://www.lexon.co.jp


画像ギャラリー