安上がりなのにカッコいい!! 2大主力車種で見る「箱バン×ちょい上げの絶品アプローチ」

安上がりなのにカッコいい!!  2大主力車種で見る「箱バン×ちょい上げの絶品アプローチ」

KLCが手がけたエブリィとハイゼットは
スプリングを軸とした簡単セットアップ

SUVじゃないとリフトアップは似合わない、という固定概念はすでになくなっており、いまや箱バンにも車高をアップする”上げスタイル”がブームになっている。
しかし、どちらかといえば軽自動車の箱バンは商用車なイメージであり、カスタムシーンでは脇役という印象。そこで、「KLC」が作ったスズキ・エブリイとダイハツ・ハイゼット カーゴの出番だ。手頃な予算でクールに生まれ変わった、日本を代表する”働く軽バン”は主役に躍り出ることだって可能なのである。KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げ

ドレスアップでは主流とは言えなかったエブリイとハイゼット。だが、リフトアップが浸透するにつれて、これら箱バンの存在感はどんどん増している。
理由は色々考えられるが、リフトアップという手法が、実用性も損なわずに楽しめるというのが大きいように感じる。箱バンは広いスペースに利点を感じ、仕事やレジャーに使う人も多い。”車高短(シャコタン)”だと、行ける場所が限られるなどの不都合な点があったのは事実。そこで諦めていたクルマ好きたちが、リフトアップブームと共に気付く。
「これなら、自分たちでも出来るのではないか」と。
走行性を損ねるどころか、むしろアウトドアなどでは好都合。しかもこれまでなかったスタイルなので注目度も高く、そこまで多額な資金を投入しなくとも、少ない手数で雰囲気をガラリと変えることが可能だ。

 

【KLC OffBeat×DA17W/V EVERY】

かつてのランクルを彷彿とさせるクラシカルな装い

KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げスプリング『轟』で、”ちょい上げ”文化を切り拓いた「KLC」。リフトアップが徐々に浸透してきた手応えを受けて、満を持してエアロを開発。その第1弾がスズキDA17型エブリイだ。
従来のリフトアップカーに多かった、ハードでワイルドなスタイリングではなく、ノスタルジックでオシャレな雰囲気が勝る。オフ系のテイストを残しつつ、ライトな感覚で楽しむという心意気が見て取れる。KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げ

タイヤが当たらないように極力薄く作製したフロントバンパーは、過剰にゴツゴツさせることなく、シンプルな面持ちに。ラジエーター周りを隠すためには、スキットプレートは必須だったが、これもあえて主張せずに、可能な限りコンパクトに設計した。
今回はここを黒塗装で沈ませたが、逆にあえて塗り分けて、タフなスタイルに振るのもアリ。シンプルで癖のないエアロなだけに、色の塗り分けや、ホイール、タイヤのチョイスなどによって、様々な見せ方を楽しめそうである。今回は、赤茶系ツートンにシンプルなブランドロゴステッカーで、アダルトに演出した。

そして、インテリアも「KLC」のアイテムで彩る。デニム素材そのものを使うと、色移りなどの問題が生じるため、あえて”デニム調”の生地を使ったのがポイント。シートカバーの他、ステアリングカバー、ダッシュマットもラインアップしている。KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げ

Specifications
フロントバンパースポイラー5万9400円
スキッドプレート3万240円
リフトアップスプリング・轟3万7800円
キャンバーボルト5400円
ラテラルロッド1万6200円
ホイール KLC スパルタン(FR5.0J×15・inset45)2万4840円
タイヤ TOYO R/T OPEN COUNTRY(FR165/60-15inch)

 

 

【KLC × 321/331V HIJET CARGO】

ハイゼットには懐かしくも新しい、旧車風アプローチ

KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げこちらは、フェイスがシャープに生まれ変わったダイハツ後期型ハイゼット・カーゴ。
オリジナルの上げスプリング『轟』は、純正ショックのストローク内で約35mmのリフトアップを実現する。このままの状態で車検対応なのも嬉しいポイント。セカンドカーや仕事用に使っているという人も多い車種なだけに、乗り心地を損ねずに楽しめる”ちょい上げ”の需要はかなり高いようだ。KLC、轟、エブリイ、ハイゼット、ちょい上げ

ちなみに、こちらのコンセプトは”ちょっとやんちゃな旧車風”。
「後期型になってからイカツい感じになったので、こういうのもありかな、と。うちとしてはデモカーとしてハチマキも入れて(笑)、わかりやすく提案してみました」。
他にもホイールは「ドゥオール」のフェニーチェRX2をセット。ネオクラシカルなデザインと、ゴールドポリッシュのカラーリングが、コンセプトにベストマッチしていた。

かつて改造車を楽しんだワルたちには懐かしく、当時を知らない若者には逆に新鮮に映るであろう。このハイゼットには、そんな上げ系の新たなアプローチが込められていた。

Specifications
リフトアップスプリング・轟3万7800円
キャンバーボルト5400円
ホイール ドゥオール・フェニーチェRX2(FR5.0J×15・inset45)2万2680円
タイヤ TOYO R/T OPEN COUNTRY(FR165/60-15)

 

取材協力:ケーエルシー TEL0439-88-0450
http://www.klc-div.com


画像ギャラリー