ケンメリGT-R 公道試乗「松田次生が語るハコスカとのちがい」

ケンメリGT-R 公道試乗「松田次生が語るハコスカとのちがい」

7台を所有する究極のGT-Rマニアが、
“ケンメリR”をぶった切る

日産のエースドライバーとして、国内最高峰のハコのレースである「SUPER GT」のGT500クラスに参戦。松田次生は、C10/R32/R33/R34/R35の歴代GT-Rを7台を所有する生粋の”Rマニア”としても有名だ。今回、彼が唯一所有していない「ケンメリGT-R」の試乗を敢行。現役トップドライバーは、どのような評価を下すのだろう。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

軽快感が魅力のハコスカ、一方のケンメリは?

R33GT-Rから始まり、その後にR34を2台、NISMO 400R、R32 を購入し、わずか数年で第2世代GT-Rはコンプリート。昨年は、ハコスカGT-R(KPGC10)、R35 NISMO、R35を入手。松田の手元には歴代6モデルのGT-Rが揃うという、なんとも羨ましい環境だ。
最後に残された”R”まで手に入れそうな予感もある、究極のGT-Rオタク。その足りないピースである「ケンメリGT-R」を体験してもらおうというのが、今回の趣旨だ。まずは、試乗前にイメージしているケンメリR像を聞く。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

「年代が近いせいか、雰囲気なのか、ハコスカと似ていますね。ただ、ハコスカはスタイルが純日本風でありながら、レーシングカーのような交戦的な臭いがします。一方、ケンメリは時代の流れなのかアメリカンなイメージで、どこか洗練された印象。もし、レースに参戦していたならば、どんな風に仕立てられただろうか。想像するだけで胸が熱くなりますね」。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

今回の車両は、千葉県・香取市のプリンス系旧車専門店『プリンス ガレージかとり』の香取孝代表が保有する秘蔵コレクション内の1台。完調なコンディションで乗ってもらいたいと、この日のためにキャブレターをオーバーホールしてリセッティングしたという。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

 

ハコスカとは隔世の差あり、安定感のある走りが魅力だ

いよいよ、ケンメリRの試乗がスタート。
上り坂を颯爽と駆け抜けるケンメリと、シンクロするように名機S20型エンジンのサウンドが山間にこだまする。初体験のケンメリGT-R。印象はどうだったのだろうか?
「驚かされたのが、完成度の高さ。ボディ剛性は高く、ハコスカとはいろいろな意味で隔世の差があるし、クルマとして各部が進化していること感じます。ハコスカはよく言えば軽快。悪く言えば荒々しい。ケンメリと比べればボディ剛性が低く、コーナリング時の姿勢が安定しませんが、そのぶん乗りこなすのがハコスカGT-Rの楽しさでもありますね。乗り手を選ぶ感覚は、ドライビングスキルがある人にとっては非常に魅力。一見では同じに見えるバケットシートですが、ハコスカよりも幅に余裕があり、こういった所も改良されていました」。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

ボディ剛性が高まり、トレッドを拡大したケンメリR。
安定した姿勢を作ることができ、路面からの影響もしなやかに受け止めるので、安心しながらコーナーを抜けられる。ハコスカは乗るために気持ちをオンにしなくてはいけないが、ケンメリは乗ることに構えることはなく毎日乗っても疲れない懐の深さがあるようだ。

「ただ、完成度の高さがすべてをマイルドに感じさせます。ハコスカと比べて、車両重量増は45kgですが、乗り比べると、それ以上にサイズの差と重量差を感じますね。どこまでも回っていくようなS20のエンジンフィーリングは、ほぼ互角。ただ、ハコスカならば3速で登る上り坂でも、ケンメリは3速では失速し、2速で引っ張らないと速く走れませんでした。軽さと軽快感が魅力のハコスカ、ボディ剛性の高さが生む走りの安定感ではケンメリの方が優位でしょうね」。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

ハコスカとケンメリ。松田の中で第2世代のGT-Rに例えれば、ハコスカが”32″で、ケンメリが”33″。
実際に愛車の”33″から初めて”32″に乗ったときに、今回のケンメリとハコスカで感じたのと同じような違いを味わったそうだ。時代は繰り返す、まさにそんなところではないだろうか。

「ハコスカは余分なものを削ぎ落としてスポーツ走行に特化したモデル。ケンメリは扱いやすさも考えて作られたファッショナブルなクルマに、高性能なS20エンジンを搭載したスポーツモデルという印象です。ただ、クルマとしてのポテンシャルはケンメリのほうが高く、チューニングを含めて磨き上げる楽しさが残されていますね」。ケンメリ、ハコスカ、GT-R、S20、松田次生、試乗

 

故・櫻井眞一郎氏も「オイルショックがなければ、S20エンジンはまだ進化の余地があった」と語っていた。時代の流れによって、ケンメリのレース参戦は叶わなかったが、開発が続けられたていたのならば完成度の高いボディを生かして、ハコスカを凌駕するレースマシンが誕生していたかもしれない。

「GT-Rはどの世代も個性的で魅力溢れたクルマであることが再確認できました。”R”は本当に最高です」。 (文中敬称略)

 

取材協力:プリンスガレージかとり
http://www.pg-katori.com/

(レポート:GT-Rマガジン編集部)


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!