ヘッドライトのLED化を前に知っておくべき「正しいバルブの選び方」 (1/2ページ)

ヘッドライトのLED化を前に知っておくべき「正しいバルブの選び方」

車検、カットライン、スペックの見方は?
“社外品LED”に関する基礎知識7つ

純正でも急速に普及しているLEDバルブだが、まだまだハロゲンバルブやHIDを採用する車種は数多い。そんなLEDバルブはかなり進化しており、かつての社外品は暗いと言われてきたが、近年の性能は大きく向上。しかし、安価な粗悪品が普及しているのも事実であり、照度や車検などの問題でトラブルになるケースも多いという。
そこで、70年以上の歴史を持つ日本の自動車用器具メーカー「IPF」に、ヘッドライト用LEDバルブの疑問について聞いてみた。ご登場願うのは、IPFの市川哲弘サン。

【関連記事】プリウスの内装の特徴とは? 最新型の違いやおすすめパーツも紹介

IPF、LEDヘッドライト、バルブ、おすすめ、選び方

 

 

Q.1  HIDとLEDってどう違うの?

A  HIDとの明るさの差は解消してきている

製品にもよるが、明るさに関してはLEDとHIDとの差は随分となくなってきた。また、HIDは立ち上がりが遅く、ハロゲンに比べて長寿命ながらも経年によって暗くなるため、今後はLEDが主流になることが予想されている。IPF、LEDヘッドライト、バルブ、おすすめ、選び方画像はこちら

 

Q.2  LEDバルブの選び方って?

A  明るさと配光がポイントです

IPF、LEDヘッドライト、バルブ、おすすめ、選び方画像はこちら大切なのは明るさと配光。ルーメンで表わされることが多い明るさは、光源から出る360度の明るさを数値化したもので、ゆえに数値が高いだけではダメ。
配光もポイントでヘッドライトに装着したときに適正な位置を照らすかが重要。理想は純正の配光で、それに近いものが良品と言えるという。”数値的には明るいけれど必要なところが暗い…”は、あまりオススメできるバルブではない。

配光はライト形状によって異なる

 

Q.3  カットラインって?

A  対向車に眩しくないようにするものです

IPF、LEDヘッドライト、バルブ、おすすめ、選び方画像はこちら

LEDバルブ選びでポイントとなるのがカットラインというもの。
対向車に対してまぶしくならないよう、上方向を照らす光はカットされる。このカットされた部分と照射部分との境目が、カットライン(カットオフラインとも呼ぶ)だ。上の写真は純正で、下左の写真はカットラインが正常な状態。日本は左側通行のため、対向車に配慮した左上がりのラインとなる。
逆に下右の写真はラインが出ていない状態で、対向車のドライバーはまぶしく見えてしまう。すなわち「カットラインが出ているバルブ選び」がキモとなるのだ。

 

Q.4  車検でポイントとなるのは?

A  カットラインや路面を照らす明るさが重要

IPF、LEDヘッドライト、バルブ、おすすめ、選び方画像はこちら車検はロービームで、ヘッドライトテスターを使って測定する。
まずは、写真の黄色い四角の中にカットラインが来るように照射されていればOK。測定するのは、この四角内左下にある”+”表示部分の明るさで、片側6400カンデラ以上なければ車検には通らない。つまりカットラインが出なければ、測定できないため車検はNGとなる。

画像ギャラリー