SUPER GT 2018「第4回公式テスト・もてぎ レポート」 (1/2ページ)

SUPER GT 2018「第4回公式テスト・もてぎ レポート」

反撃の狼煙で日産GT-Rが先制も、
3セッションでLC500がトップタイム

連休最終日の10月8日、ツインリンクもてぎでは11月10~11日に開催されるSUPER GTの最終戦に向けた公式テストを実施。
シリーズにレギュラー参戦している40チームが参加して、11月の本番で使用するタイヤを選ぶとともに、そのタイヤに合わせたセッティングを進めるためのテスト走行が、2日間にわたり続けられた。

SUPER GTシリーズは、国内で最大の観客動員を誇り、海外からも注目度が高まっている“世界最強最速のハコ車レース”だが、今や世界的にも珍しくなったタイヤの開発競争が見えるトップカテゴリーでもある。2018年シーズンのSUPER GTは、4月の岡山国際サーキットから先月のスポーツランドSUGOまで、全8戦のうち6戦が終了。LEXUS(TOYOTA)とNISSAN、Hondaの3メーカーが鎬を削るGT500クラスはここまで、Honda NSXが3勝、LEXUS LC500が2勝を挙げ、NISSAN GT-Rは5月の富士で1勝を挙げたにとどまっている。SUPER GT 2018、公式テスト、もてぎ
ポイントランキングについても 『No.100 RAYBRIG NSX-GT』の山本尚貴/ジェンソン・バトン組が61ポイントで頭一つリード。これを『No.8 ARTA NSX-GT』の野尻智紀/伊沢拓也組が12ポイント差、『No.1 KeePer TOM’S LC500』の平川亮/ニック・キャシディ組が14ポイント差で追う展開で、GT-R勢では『No.23 MOTUL AUTECH GT-R』の松田次生/ロニー・クインタレッリの6番手が最上位。トップからは22ポイント差となっている。

この数字からだけ見ると、GT-Rの劣勢にも映るが、レースの大半をリードしながら終盤にトラブルで優勝を逃したレースもあり、また前回のSUGOから投入された2基目のエンジン(SUPER GTでは年間2基のエンジンで戦うことが決められている)が好調なこともあり、まさに実力紙一重の激戦混戦となっているのだ。

SUPER GT 2018、公式テスト、もてぎ2日間のテストでは、両日ともに午前と午後の2回、それぞれ2時間の走行セッションが設けられていて、計8時間にわたって走行が続けられた。

まず、8日午前のセッション1では『No.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)』がトップタイムをマーク。これに No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが続き、GT-R勢が1-2を占めて反撃の狼煙を上げる格好となったが、午後のセッション2では『No.19 WedsSport ADVAN LC500(国本雄資/山下健太)』がトップタイム。『No.36 au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)』、『No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)』が続いてLC500がトップ3を独占した。

2日目のセッション3、セッション4も『No.36 au TOM’S LC500とNo.6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト)』、No.6 WAKO’S 4CR LC500とNo.1 KeePer TOM’S LC500がそれぞれ1-2につけ、初日の午後にNo.19 WedsSport ADVAN LC500の山下健太がマークした1分37秒241が、2日間のベストとなった。

 

↓【次ページに続く】↓

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!