afimp Style up Car Contest 2018【第285回 愛知県 オートスタイリングショップ・ドルト】

afimp Style up Car Contest 2018【第285回 愛知県 オートスタイリングショップ・ドルト】

飽きずにいつまでも楽しめる
安心安全なカスタマイズを推奨中!!

ヨーロッパ車のカスタマイズを手がけて30年。老舗ショップである「ドルト」で開催されたスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。
今回も個性が際立つクルマ、それにオーナーが多数参加してくたドルトのスタコン。ショップとユーザーの信頼感が伝わってくる、ほのぼの具合がとっても心地良い。酷暑にも負けず、みんな元気でポーズをとってくれてサンキューでした!
*サブカットはクリックすると拡大します

[撮影日:2018年7月8日]

 

【BMW528i】

平井伸幸サン 45歳(三重県伊賀市)

このクルマを手に入れて3年。平井サンはなるべくお金をかけないようにスタイルアップはもちろん、修理までも自分でやっちゃうという、なんとも頼もしいBMWフリークです。
パワーウインドウをはじめ、オイルや水漏れなどを直した腕前はプロ顔負けの実力。そのテクニックでオリジナルのスタイルアップもせひ実践してください。

A~D)不明 G)パナソニック J)ユーロプレミアム(8:9.5×19)
K)INGENS(235/35:245/40) MN)不明 Q)後期仕様ヘッドライト+テールランプ

 

【BMW M3】

嶋田 悟サン 58歳(静岡県浜松市)

ホワイトボディにブラックのアクセントを効果的に取り入れて無骨にならずにパンチを効かせているBMW M3。念願のエアサスを導入して路面の段差を気にすることなく、どこへでも走っていける柔軟性を手に入れました。
しかもトランクにセットしたエアタンクを、吊るして横置きにセットすることで、大好きなゴルフへいけるようにバッグが入る工夫をしています。

A)CARBON HOUSE77 B)HAPPY BYINOW D)DY motor sport I)Mパフォーマンス J)ワーク・グノーシスGR201(9.5:11×19) K)ハンコック・ヴェンタスV12evo2(235:275/35) MN)エアフォース

 

【BMW528iツーリング】

中森義宣サン 58歳(三重県伊賀市)

クルマいじり歴35年のベテラン中森サンは4年前にBMW528iツーリングを購入。スポーティでワイド感のあるオトナっぽさを強調させるようなスタイルを心がけて仕上げていったそうです。
真っ白では面白くないので、ブラックで引き締めて精悍さをアピール。派手過ぎずに、主張させるようにしています。今後はビックキャリパーを導入予定。まゆサンと。

A)end.cc C)3Dデザイン J)ワーク・エモーションCR2P(9×20+25:10×20+35) K)コンチネンタル・エクストリームコンタクトDWS06(245/35:275/30) L)ディクセル・パッド MN)シャーゼン車高調 O)レムス P)N2スピード Q)Mパフォーマンス・カーボンドアミラカバー/ブラックグリル ルーフ・ラバーディップ塗装 ブラックテール R)各部LED化 S)グループMラムエアシステム

 

【BMW M235i】

皆川正和サン 48歳(三重県津市)

あえてフツーの2シリーズに見えるようにガンメタのミラーを白くペイント。さり気なさを重視しつつ、個性も取り入れたスタイルを完成させています。
ドルトのロゴ入りのレーシンググローブは、もちろん吉田社長の許可を得て作ったオリジナル品。ちなみに皆川サンは撮影終了後にM2コンペティションの商談へと向かいました。次はそっちで登場ですね。
奥様といっしょに。

A~D)3Dデザイン E)M3純正 I)カロ J)アドバンレーシングRZ-DF(8.5:9×19) K)ヨコハマ・アドバンスポーツV105(225/35:255/30) N&R O)スーパースプリント Q)Mパフォーマンス・ブラックグリル ベロフ・ヘッドライト 各部LED化 R)3Dデザイン・ペダルセット

 

【BMW Z4】

梶山和之サン 50歳(三重県三重郡)

レアなボディカラーのヴァレンシアオレンジがBMW Z4の美しさを、より強調していますね。
手に入れて3年、ずっとスタンダードの魅力を堪能していましたが、ついに足回りをモディファイ。程よい車高の落ち具合や、走りっぷりに大満足だそうです。今後はマフラーとフロントリップの導入を計画しています。

MN)ビルシュタインB16 P)ピボット・サブコン R)各部カーボンフィルム クリア・ウインドウリフレクター

 

【BMW ミニ・クーパーS クロスオーバー】

坂本直樹サン 48歳(愛知県大府市)

ミニの大好き具合がダイレクトに伝わってくる1台です。特にグリルのクローム部分はひとつづつカッティングシートで仕上げた自作ワザ。こりゃもう、細かすぎて愛がないとできません。
エンブレムだってバランスを考えて、さり気なく小さくしている念の入れよう。インパクトばかりでなく必死に独自性を表現しているところがポイントです。

A~D)ジオミック E)ジオミック G)カロッツェリア H)ブリッド I)ジオミック J)エンケイRSM9(8.5×19+42) K)トーヨーDRB(215/35) L)エンドレス6ポット MN)エンドレス・ジール O)ジオミック P)TMワークス Q)各部ペイント 各部ラッピング デュエル・カーボンナンバーステー オリジナル・ドアミラーウインカー ベロフHIDヘッドライト/LEDフォグランプ その他 R)ミニマックス・ゲージフェイス カーボンドアロックピン ジオミック・スカッフプレート/LEDルームランプ/フットバー その他  S)ジオミック・キャタライザー/ターボヒートプレート/エアインテーク/タワーバー/メンバーブレース ダルーガ・オイルキャップ

 

【BMWミニ・クーパーS クラブマン】

坂本宝寿サン (愛知県大府市)

ミニ50周年限定車のジュビリーラインをスポーティにまとめたクラブマン。内外装からエンジンルームまで抜かりなく手が入っています。実はこのクルマは、ミニ大好き人間であるダンナ様がイジったものを譲り受けたとのこと。それでも気後れせずに、スマートに乗りこなしているところがナイス。細部のスワロフスキーを使った小ワザが活きてます。

ACD)デュエル B)JCW E)ジオミック G)カロッツェリア H)レカロ J)カルビノNR-X2(8×17+33:8.5×17+39) K)ピンソK-SPEED(195/40) L)シガ・パッド MN)KWストリートコンフォート O)デュエル P)レムス・パワーライザー Q)デュエル・ボンネットスクープ/フロントサイドパネル/カーボンナンバーステー/フューエルカバー/ドアハンドル/クラブドア 各部ペイント 各部ラッピング ジオミック・フェンダーアーチモール クーパーグリル加工 その他 R)ルーフモニター スパイレー・アームレスト クロス・ステアリングクロームリング/カーボンドアロックピン 自作センターパネル/サイドブレーキグリップ/ステアリングセンター その他 S)ピボットX2M-C フレックス・インタークーラー ジオミック・キャタライザー/ターボヒートプレート/メンバーブレース ダルーガ・オイルキャップ サムコ・クーラント&ターボホース TMワークス・イグナイトREV その他

 

【BMW M4】

広瀬 悟サン (愛知県名古屋市)

大人っぽさが漂うシブいメイクですね。エアロは必要最低限で、車高も走りを感じる絶妙な落とし具合。グレーっぽいガンメタなLMだって余裕を感じるさり気なさ。最近ではブッシュ類を強化して「けっこう曲がるようになった」とご満悦な広瀬サン。
今後はメンテナンスを中心に手を入れて、この楽しさを維持していくそうです。

AD)Mパフォーマンス EF)Mパフォーマンス G)レイヤーサウンド I)Mフロアマット J)BBS・LM20thアニバーサリー(9×20+20:10×20+33) K)コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト6(255:275/30) MN)ザックス O)アクラポビッチ Q)INDグリル/サイドギル/リアエンブレム LCiテール プロテクションフィルム S)ERチャージパイプ コントロールアーム・強化ブッシュ Mパフォーマンス・ヘッドカバー

 

【BMW M3】

竹内精英サン 28歳(愛知県知多市)

BMW 335iから、よりパワフルなM3に乗り換えたのが4年前。機能重視で徹底的に硬派路線で攻めています。あえて4ドアをチョイスしたってとことも、「実用性」という機能を重視していることで、このクルマのコンセプトにはピッタリですね。
今後のモディファイの予定はレカロシートの導入。奈津美サンと将翔クンと一緒に。

CD)Mパフォーマンス J)ATSスーパーライト(9:10×19+20) K)ピレリPゼロ(245:265/35) L)ブレンボ/380ミリ:ブレンボ/380ミリ MN)ビルシュタインB16 O)アクラポビッチ R)各部LED化 S)Gokeエアボックス グループMラムエアシステム リジカラ CPMロアレインフォースメント オカダプロジェクツ・プラズマダイレクト COXボディダンパー

 

【BMW M2】

前田晃宏サン 37歳(滋賀県多治見市)

ミニ・クーパーSDからM2に乗り換えたばかりだとという前田サン。まだ走行距離は8000kmながら、ひと通り手が入った状態。いいペースでモディファイしていますね。ノーマルの良さを残しつつ、違和感が出ないようにイジっていきたいそうです。
今後は真ん中のリップやグリル、それにインテークとコンピュータに着手予定。愛哩チャンと一緒に。

A〜D)Mパフォーマンス J)TWS・T66-GT(9×19+22:10×19+33) K)クムホ・エスタPS91(255:265/35) MN)ビルシュタインB16 O)アクラポビッチ

 

【メルセデス・ベンツCLS63AMG】

本多瑞弘サン (愛知県春日井市)

以前にはW219のCLSに乗っていたという本多サン。今回もやっぱりCLSをチョイスしています。4ドアなのにクーペの美しいラインを持つデザインに魅せられたそうです。
そんなワケで、あえてエアロ類は導入せずに素性の良さを堪能。その分、インテリアは大胆に赤をアクセントに使って遊んでいます。

E)張り替え H)張り替え J)フォージアート(9.5×20+27:11×20+30) K)ファルケン・アゼニス453(245/30:285/25) L)ディクセル・パッド N)KW:ロアリングキット Q)各部ペイント 各部ラッピング ナンバーステー加工 R)各部LED化 カーテシランプ

 

【BMW528i】

丑山 理サン 35歳(愛知県高浜市)

「エクステリアはACシュニッツァーでまとめましたが、あえてルーフスポイラーだけはハーマンを使ってヒネってみました」という丑山サン。
なるべくヒトとカブらないようなスタイルにしたいということで、特にクリアテールの効果は抜群ですね。今後もガンバって魅力に磨きをかけてください。こうやクンとみづきチャンと一緒に。

A〜C)ACシュニッツァー D)ACシュニッツァー+ハーマン J)レイズ・ホムラ2×8GTS(8.5×20+36:9.5×20+45) K)ピレリPゼロ(245/35:275/30) L)ディクセル・ローター/ジガ・パッド N)アイバッハ O)ACシュニッツァー Q)クリアテール サンダーボルト ベロフ・ヘッドライト/フォグ R)スタディ・ルームミラー

 

【BMWミニJCW】

木村 博サン 49歳(愛知県春日井市)

10年前にアメ車のアストロからミニに乗り換えたという木村サン。最初はR56で、次はR50、またR56に戻って、2年前から現在のF56を楽しんでいるという、骨の髄までどっぷりとミニにハマっています。
今回のJCWはノーマルですでにパンチのあるルックスなので、さり気ないメイクに抑えています。ちなみに息子サンの愛車もミニなんですと。

A)ギガモット C)ミニパフォーマンス E)アムゼック H)レカロ J)TWS(7.5×18+43) K)ミシュラン(205/45) MN)ビルシュタインB14 O)アーキュレー Q)後期テール S)CPMロアレインフォースメント

 

【BMWミニJCW】

木村直人サン 19歳(愛知県春日井市)

初めてのクルマがこのJCWだという木村サン。マフラーはスタコンの前日に、ぎりぎりセーフで取り付けました。エアブラシを使ってキャンディレッドを差し色で導入して、赤黒でカッコよくカスタムしています。今後は車高を下げることと、リップとディフューザーあたりを狙っています。

E)アムゼック H)レカロ J)レイズ・セブリングGEM(7.5×17+38) K)ピレリPゼロ(7.5×17+38) L)スリットローター/グループMパッド MN)オーリンズ O)アクラポビッチ加工 Q)カーボンダクト カルビノ・グリル 各部エアブラシ R)各部LED化 S)オカダプロジェクツ・プラズマダイレクト arcタワーバー メンバーブレース

 

【アウディTT】

渡辺寿樹サン 44歳(岐阜県揖斐郡)

2年前に手に入れたこのTTが、初めての輸入車だという渡辺サン。マフラー以外は仲間に手伝ってもらってDIYで仕立てていったとのことです。RSグリルや個性的なデザインのホイールなどを使って、上手くまとめていますね。
今後のモディファイは、すでにゲットしているJOMというドイツの車高調をセットアップすることです。

A)ゴムリップ J)ワーク・シーカーGX(9×18+30) K)ダンロップ・ディレッツァDZ101(225/40) N)H&R O)レムス Q)TTRS純正グリル S)ニュウスピードPフローインテーク

 

【BMWミニ・クーパーS】

中川 悟サン 24歳(愛知県小牧市)

鮮やかなエレクトリックブルーのボディーカラーにオレンジの差し色を使って、メリハリ感を出した中川サン。以前の愛車もミニということで、1度味わったらやめられない魅力があるんですね。
とにかくパーツが豊富に揃っていて、いろいろやりたくなってしまうのですと。今後は車高調に前後のスポイラーと予定が詰まっています。

A)イージーリップ B)JCW純正 J)OZレジェーラHLT(7.5×17) K)ミシュラン・パイロットスポーツ4(205/45) L)プロジェクトμパッド O)レムス Q)各部ブラックアウト 各部オレンジフィルム S)CPMロアレインフォースメント グループMスーパークリーナー SEOチューン・アーシング

 

【BMWミニ・クーパーS】

小林一幾サン 25歳(岐阜県美濃市)

たまたま乗ったミニのレンタカーでハマってしまったという小林サン。すぐにこのクルマをゲットしたのでした。走りを強調してレーシーに仕立てていくそうで、とにかくメッキ部分は極力消し去りました。たしかに精悍さが際立っています。
各部のラッピングはDIYでの労作。今後はサイドステップを導入予定です。

A)ネクストイノベーション J)スパルコASSETTO GARA(8×18) K)ヨコハマ・アドバン・フレバ(215/35) MN)ビルシュタインB14 O)レムス Q)各部LED化 R)各部LED化 カーテシライト S)リアフェンダー加工 CPMロアレインフォースメント

 

【BMWクーパー クラブマン】

稲垣竜太サン (愛知県安城市)

VIPカーを楽しんでいた稲垣サンがミニに乗り換えたのが2年前。まったくタイプの違うイジり方にスイッチしたとはいえ、モディファイによる高揚感は同じなので、以前と変わらず思い入れたっぷりに手を入れています。
今回は「おしゃれで速そう」がテーマ。スタイリッシュにスピードを感じるルックスがポイントですね。

A)ギガモット BC)ガルビノ E)ガルビノ H)ガバナ J)スパルコ・スーパーツーリスモLM23(7.5×17) K)ヨコハマ・Sドライブ(205/40) MN)ブリッツ O)レムス Q)各部パッピング R)スタディ・ドリンクホルダー S)ゼロセン・エアクリーナー ジオミック・ターボヒートプレート/キャタライザー ブリッツ・スロットルコントローラー ミニデルタ・ブローオフバルブ

 

【BMW135i】

髙橋杏璃サン (岐阜県揖斐郡)3ヶ月前に116iから乗り換えたという髙橋サン。前後のスポイラー、それにインテリアに施されたピンクの差し色が女性らしく、とってもキュートにキマってますね。
外観や内装の随所からポップなテイストがほとばしっていて、自分らしさが炸裂。今後はエアロ類やさらなるローダウン、それにホイールもピンクにしたいそうです。岩永サンと一緒に。

AD)不明 J)3シリーズ用Mスポーツ(8.5×19) K)ナンカン(225/35:245/30) MN)アローズ車高調 P)スタディ Q)各部ペイント R)ピンクスエード加工 ステアリングエンブレム・スワロフスキー加工

 

【BMW540i】

岩永創一郎サン 21歳(三重県桑名市)

左右で違うホイールを組み合わせた奇抜さが特徴的な岩永サンの540iは、自作アイテムも導入して徹底的に個性を引き出しています。溶接ができるということでマフラーなんかも自作という強者。今後はバンパーも自分で作りたいとのこと。
どんな独創的なデザインで出来上がるのか、すっごく楽しみです。期待していますよ。

A)エナジー+自作カナード B)エナジー CD)ワンオフ J)SSR・SP1:エナジーモータースポーツ(8.5×20) K)ナンカン(245/35) N)エナジー加工 O)ワンオフ Q)各部ペイント R)各部ペイント

 

【メルセデス・ベンツCL550】

河野隼人サン 33歳(愛知県名古屋市)

AMGパーツを多用して、なるべくノーマル風に仕立てていったという河野サン。全体的に違和感なくまとまっているので、モディファイの場所がわかりづらい仕上がり。それが狙いなんですね。
「わかるヒトにはわかる」マニアックな手法を貫いていくそうです。今後はカーボンパーツの導入を検討中とのこと。

A)CL63純正+GHスタイル・リップ BC)CL63純正 D)ヴァルド G)ハーマン/カードン J)AMG(8.5:9.5×20+43) K)ピレリPゼロ(245:275/35) L)ディクセル・ローター/ディクセル・パッド O)AMG Q)HIDヘッドライト/フォグ 後期ミラー スモークテール

 

【BMWミニ・クーパーS】

松原圭佑サン 22歳(愛知県名古屋市)

「ミニのかわいさをキープしつつ、走りも楽しめるような仕上がりにしたい」という松原サン。グリルの奥でチラッと見えるボディ同色の補強バーやフロントに移設したインタークーラーが、愛嬌のあるルックスとは裏腹に、スパルタンな雰囲気を醸し出していて、独自のキャラクターを構築しています。
今後はシートにひと手間加えていくそうです。

A)ガルビノ E)アムゼックス J)OZウェーブ(7.5×17+50) K)ミシュラン・パイロットスポーツ4(205/45) L)プロジェクトμ・パッド MN)ビルシュタインB14 O)レムス P)3Dデザイン・ブースターチップ Q)ワンオフ・ッサイドデカール クロス・ナンバーステー 各部塗装 R)各部塗装 ペダルプレート S)グループMスーパークリーナー CPMロアレインフォースメント インタークーラー

 

【BMWミニ JCWクラブマン】

杉江弘樹サン 46歳(愛知県名古屋市)

JCWのクラブマンを手に入れてもうすぐ4年。その間にホイール4セット、マフラー2本、足2セットを費やして、現在の満足いく状態に落ち着いたという杉江サン。試行錯誤をくりかえした努力の結果です。
今後はメンテナンスを兼ねて強化品のクラッチやブッシュを導入予定。

D)カルビノ E)アムゼックス F)3Dデザイン G)カロッツェリア+JBL H)レカロ J)ボルクレーシングZE40(7.5×17+43) K)ブリヂストン・ポテンザRE003(215/45) L)ブレンボ6Pポット/rddローター/ディクセル・パッド:NMエンジニアリング・ローター/ディクセル・パッド MN)ビルシュタインB16 O)サクラム P)3Dデザイン・ブースターチップ Q)3DデザインE82用ボンネットダクト加工 R)ミニマックス・ゲージフェイス ピボット・メーター S)ヘリックス・インタークーラー フォージ・ディバータバルブ NMエンジニアリング・スェイバー/リンクキット CPMロアレインフォースメント

 

【BMW M3】

尾﨑宏幸サン 43歳(愛知県高浜市)

スタイリッシュなチューニングカーですね。機能を充実させるだけでなく、見た目のインパクトも走りを感じるアプローチでまとめています。そしてハイライトはホイールのラバーディップ塗装。マジョーラ自体が目立つ色味なのに、大胆にも左右で色彩変えを試みています。
硬派路線なんだけど、遊び心も取り入れているところがミソですね。れんとクンと。

A)バリス+カーボンリップガード+エクステンションリップ C)ハーマン DE)Mパフォーマンス G)レイヤードサウンド H)レカロ I)スタディ J)ニーズ・ユーロクロス7モデル(9.5×19+25:10.5×19+25) K)ヨコハマ・アドバン・ネオバAD08R(245:265/35) L)APレーシング・6ポット MN)KW車高調Ver.3 O)レプター Q)Mパフォーマンス・ブラックグリル ホイール・ラバーディップ塗装 R)Mパフォーマンス・カーボンインテリアトリム S)グループMラムエアシステム CPM

 

【BMW M2】

鈴木麻夫サン  44歳(愛知県一宮市)

メーカー直系のMパフォーマンスと、正統派ジャパニーズチューナーの3Dデザインをバランス良く活用して、ルックスと動力性能をリンクさせたBMW M2。躍動感みなぎるフォルムが雰囲気だけで終わらずに、見た目通りのパンチのある走りが◎。
代理でせなクンです。

A)3Dデザイン+ストンピンアーク BC)3Dデザイン D)3Dデザイン+Mパフォーマンス E)ワンオフ F)Mパフォーマンス H)レカロ J)ボルクレーシングTE37・6061(9×19+22:10×19+33) K)ミシュラン・パイロットスーパー(245:265/35) L)ディクセル・パッド MN)ビルシュタインPSS-10 O)レムス P)3Dデザイン Q)3Dデザイン・カナード/エクステンションステー Mパフォーマンス・フロントグリル/サイドグリル その他 R)Mパフォーマンス・ペダル/フットレスト/インテリアトリム S)3Dデザイン・ハイフローインテーク/インタークーラー CPMストラットブレース/ロアレインフォースメント その他

 

【BMW420i】

藤枝広樹サン 31歳(愛知県愛西市)

スタイリッシュな素性の良さを崩すことなく、エレガントに仕立てた420i。正統派のエアロアイテムで武装して、そのルックスに合うようにチューニングも施し、バランス重視で仕立てています。
全体的に抜かりなく手が入った、完成度の高さがポイントですね。現在、ホイールを20インチのBBSにしようか検討中です。

A)3Dデザイン CD)Mパフォーマンス E)Mパフォーマンス H)レカロ J)MKモータースポーツ(8.5:9.5×19) K)コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト6(225/40:255/35) L)ディクセル・ローター/ディクセル・パッド MN)ザックス O)レムス P)3DデザインDMEチューン Q)Mパフォーマンス・グリル 各部ベロフ・バルブ R)各部LED化 ワイフォルームミラー S)グループMラムエアシステム FTPチャージパイプ arcタワーバー CPMロアレインフォースメント ワーグナーチューニング・インタークーラー オカダプロジェクツ・プラズマダイレクト

 

【BMW Z4 2.0i】

丹下晃彦サン 50歳(愛知県一宮市)

ボルボやBMW、それにメルセデスといった輸入車をイジって楽しんでいたのが15年前。その後は公私共に忙しく、ブランクがつづき昨年、子供に手がかからなくなったので、久々にBMWを手に入れてスタイルアップを復活させた丹下サン。2シーターのZ4を選んだところに、今まで我慢してきた反動を感じます。
今後はブレーキに手を入れたいそうです。

AC)3Dデザイン D)end.cc E)張り替え H)レカロ J)ボルクレーシングG25(8.5:9.5×19) K)コンチネンタル・エクストリームコンタクトDWS06(235/35:265/30) MN)KW車高調Ver.1 O)3Dデザイン P)3Dデザイン・ブースターチップ

 

【BMWミニ・クーパーS】

服部淳治サン 57歳(愛知県小牧市)

「昔っから、どーもFFは好きになれなかったけど、このクルマに乗ってから考えが改まった」という服部サン。FFというよりもミニにハマったというほうが正しいように感じます。
最初はノーマルでいこうと思っていたそうですがインテークを換えてから、モディファイの魅力に目覚めて現在に至る。今後はオーディオのグレードアップを狙っています。

A〜D)カルビノ E)アムゼックス G)レイヤードサウンド H)レカロ I)カバナ J)BBS・RF(7.5×17+50) K)ミシュラン・パイロットスポーツ4(205/45) MN)KW車高調Ver.3 P)3Dデザイン Q)ルーフ・ラッピング LCIテールランプ R)ミニマックス・ゲージフェイス ジオミック・センターメーターホルダー+ピボット・ブースト計 3Dデザイン・ペダルセット S)フォージ・インテークパイプ COXボディダンパー アンダーフロアスポイラー アーキュレー・キャタライザー

 

【BMW435iカブリオレ】

田村正弘サン (愛知県一宮市)

スタコン常連の田村サン。今回も元気に登場です。
「エレガント」をコンセプトに、定番アイテムを上手く組み合わせて、違和感が出ないように注意しつつ独自性を主張。オープンカーらしくインテリアも抜かりなく手を入れて、しかもチューニングだってしっかりと施しているトータルメイクが光ります。

A)ACシュニッツァー C)Mパフォーマンス E)トナカイ F)Mパフォーマンス G)レイヤードサウンド I)カロ J)BBS・LM(8.5:9.5×20) K)コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト6(235/35:255/30) L)Mパフォーマンス/ディクセル・パッド MN)KW車高調Ver.2 O)アクラポビッチ P)3Dデザイン Q)各部ラッピング Mパフォーマンス・グリル M4ミラー LSIテール ステディ・エンブレム R)カラーシートベルト ACシュニッツァー・ペダルセット トナカイ・ウッドパネル ルームミラー S)チャージパイプ CPMロアレインフォースメント/ストラットブレース

 

【BMW M2】

長瀬智史サン 37歳(岐阜県岐阜市)

4シリーズから2年前にBMW M2に乗り換えた長瀬サン。それ以前にはE92でもスタイルアップを楽しんでいたというBMW大好き人間です。
今回はノーマルライクなシンプルメイクでいつまでも飽きのこないモディファイで攻めていこうとしています。現在の足はスプリングのみの導入なので、車高調を入れたいそうです。

A)Mパフォーマンス N)KWコイルオーバー P)3Dデザイン・ブースターチップ R)Mパフォーマンス・フットレスト S)BMCエアフィルター CPMストラットブレース/フロントメンバーブレース/ロアレインフォースメント

 

【アウディS3】

長瀬貴史サン 35歳(岐阜県岐阜市)

以前の愛車はアルファロメオのジュリエッタという長瀬サンは1年半前にこのアウディ S3に乗り換え。ジャストサイズのセダンならではの質実剛健な塊感が伝わってきて、とってもいい味が出ています。
クロームだったウインドウ回りのモール類をブラックにラッピング。さり気ないこの効果が効いていますね。今後はフロントリップやコンピュータを検討中。

J)レイズ・ヴァルツフォージドS5R(8.5×19) K)コンチネンタル(235/35) MN)KW車高調Ver.1 Q)モール・ブラックフィルム S)CPMフロントメンバーブレース/ロアレインフォースメント K&Nフィルター

 

【BMWミニ・クーパーD クロスオーバー】

川島翔太サン 31歳(岐阜県岐阜市)

ドルトのスタッフである川島サンの愛車。気負わずにポイントをさり気なく押さえたベテランならではの余裕を感じるメイクですね。とっても雰囲気があります。
「パーツがないので細々と」ということですが、逆にパーツに頼らないセンスの良さが表現できて個性が光ってます。この車種でKWのVer.3をセットしたのは日本初とのこと。

H)レカロ I)カロ J)ロティフォームLAS-R(8.5×20+45) K)コンチネンタル・エクストリームコンタクトDWS06(245/35) MN)KW車高調Ver.3 P)レースチップ Q)各部ブラックアウト スーリー・キャリア+フェアリング USフェンダー

 

【BMWミニ・クーパーS】

足立智哉サン 22歳(岐阜県大垣市)

マニュアルのクルマを探していたらミニに巡り合ったという足立サン。パーツが豊富に揃っているので、ごく自然にスタイルアップを楽しむようになったのでした。
自慢のポイントは白いラインに合わせた白内装。さらに黒白を意識してカラーコーディネイトを充実させて、オシャレに仕立て上げたいそうです。現在はフルエアロを検討中。

A)R59純正 G)ストラーダ H)レカロ I)カロ J)OZスーパーツーリズモLM(7.5×17) K)グッドイヤー・イーグルLS2000ハイブリットⅡ(205/45) L)Vマックス・キャリパー・アムゼックス・パッド:ディクセル・ローター/アムゼックス・パッド MN)ビルシュタインB14 O)レムス P)3DデザインDMEフラッシュ Q)Fルック・ヘッドライトユニット LEDテール R)ガバナ・ドアアームレスト S)アムゼックス・ダイレクトエアボックス

 

【BMWミニJCW】

坂野純也サン 23歳(愛知県江南市)ドルトの期待の若手、板野サンはデモカーのJCWで登場です。3年の月日をかけて仕立てていった自信作。このクルマで得たノウハウをユーザーのミニにフィードバックしています。
派手すぎず、シンプルすぎず、走りを感じるスタイリッシュなスポーツルックがドルトの得意技。このクルマにも存分に反映しています。

AC)3Dデザイン BD)ジオミック E)アムゼックス G)レイヤードサウンド H)レカロ I)カロ J)ボルクレーシングZE40(7.5×17+44) K)ブリヂストン・ポテンザRE71R(205/45) L)HHCビッグキャリパーセット MN)KW車高調Ver.3 O)レムス P)3Dデザイン Q)各部ペイント 各部ラッピング R)ミニマックス・ゲージフェイス 3Dデザイン・ペダルセット S)グループMスーパークリーナー オカダプロジェクツ・プラズマダイレク フォージ・インタークーラー

 

______________________________________________________________________________

スペック説明記号
(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

 

 

オートスタイリングショップ・ドルト

最新から旧車までドイツ車をメインに魅惑のモディファイを提供してくれるドルト。
スタッフは、左から吉田代表、小森店長、坂野サン、川島サン。みんなクルマ好き
だから的確なアドバイスをしてくれる

愛知県一宮市三ツ井7-1-15
TEL.0586-76-9599
営業10:00~20:00(日祝~19:00)
水曜・第2火曜定休
http://www.dort.jp/