覆面パトカー候補!? 350台限定の2代目トヨタ・マークX「GRMN」

覆面パトカー候補!? 350台限定の2代目トヨタ・マークX「GRMN」

軽自動車から高級車までラインアップ

 1月11日(金)~1月13日(日)、千葉県幕張メッセで開催中の東京オートサロン2019。「TOYOTA GAZOO Racing」ブースの目玉は、新型スープラだけじゃない! 
 トヨタのスポーツブランド『GR』シリーズの最高峰『GRMN』に加わるマークXや、ダイハツと共同開発した初の軽自動車スポーツ、コペンなど注目のニューモデルが勢ぞろい。

350台限定のチューンド・マークXのMT仕様

 2015年に100台の限定で販売され、高い評価を得たマークXのGRMN。それから約3年の歳月をかけて進化した2代目が、3月11日からいよいよ発売される。
 オーダーの受付は1月11日から始まっており、今回は350台の限定となるそうだ。マニュアルミッションならではの小気味よいシフトワークを楽しむため、操作系やリヤデファレンシャルギヤ比などを変更。
 さらに3.5リットルV6エンジンはチューニングにより315馬力にパワーアップ。
  それを支えるボディは252カ所ものスポット増しを施し、新開発のダンパーやEPS(エレクトリック・パワー・ステアリング)との組み合わせで、意のままに操る喜びをドライバーに与えてくれる。

 パワーでは覆面パトカーに採用された350馬力のスーパーチャージャー仕様に及ばないが、エンジンとボディのバランスは、マークX GRMNのほうが良いだろう。

 さらに内外装も専用装備が満載。大型バッフルを備えた4本出しマフラー、BBSの鍛造19インチホイール、大容量ブレーキキャリパーとスポーツパッドを採用。ウルトラスエードのスポーツシートと、GRシリーズの頂点に君臨するセダンに相応しい。

GR初のオープン軽自動車スポーツ

 さらにダイハツが誇るオープンスポーツ、コペンをベースとしたモデルも登場する予定。GRとして初めて手がける軽自動車、そしてオープンカーということもあり、コチラも期待は高まるばかり。 タイトなインテリアながらもシートはレカロ製に変更されている。GRのロゴ入りだ。

箱根駅伝を走行したセンチュリー 

 また、お正月の箱根駅伝で先導車両として使われた、『センチュリーGRMN』もギャラリーの熱い視線を浴びていた。

 GRスポーツらしく大容量ブレーキシステムを採用する。

 2018年WRCチャンピオンマシン「ヤリス」

 モータースポーツ車両では、「TOYOTA GAZOO Racing」が2018年にマニュファクチャラーズ・チャンピオンを獲得した、WRC(世界ラリー選手権)仕様のヤリスだろう。 ベース車両こそ2017年と同じだが、空力/エンジン/駆動系/足まわりのすべてがアップデートされ、圧倒的な強さで過酷なWRCを勝ち抜いた。


画像ギャラリー