三菱自動車が「イエロー」を使った新スポーツグレードを提案

三菱自動車が「イエロー」を使った新スポーツグレードを提案

スポーツウェアをイメージした差し色

 純正オプションでさらなる高い完成度を追求するのが三菱車の「STREET SPORT」。千葉県幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019で「カスタムカー」として参考出品されたが、純正オプションだけでも、ここまでスポーティかつ高級感のあるスタイリングに仕上げることができるという三菱の意気込みを感じさせるモデルだ。

 エクリプス クロス・STREET SPORT、アウトランダーPHEV・STREET SPORTともに、チタニウムグレーメタリック&ブラックマイカという2トーンカラーのボディにストライプのグラフィックにより、精悍なイメージに変身。特にエクリプスクロスは、2トーンからの配色を使ってクーペスタイルを強調させている。

 

 さらにフロントバンパー、サイドシルガーニッシュ、リヤコーナーのエクステンションに「イエロー」をアクセントとしてあしらっており、躍動感をイメージさせる「スポーツウェア」のような印象を与える。 エアロパーツやフェンダーアーチモール(専用品)、ホイールと組み合わせることでスポーティなエクステリアとしている。
 すでに同社が販売している『アクティブギア』シリーズで採用する「オレンジ」のアクセントとは、また一つ異なるイメージを作り上げているそうだ。もしかすると、アクティブギアに続く「イエロー」の差し色を使った新ラインアップが生まれるかもしれない。

 また、両者ともにレイズ製の20インチホイール(エクリプス クロスにはHOMURA 2X9、アウトランダーPHEVにはHFULLCROSS Rv5)と横浜ゴム製タイヤ・アドバンスポーツを装着し、ストリートを疾走する「ハイスピードランナー」のイメージに仕上げられている。

 ベースがSUVであるエクリプス クロス、ミニバンであるアウトランダーPHEVであっても、純正オプションだけでストリートスポーツとしてカスタマイズできるという見本のようなクルマといえるだろう。


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!