「自動運転車いす」がエレベーターに乗って利用者をお迎え!東京大手町のビルで実証実験を開始

「自動運転車いす」がエレベーターに乗って利用者をお迎え!東京大手町のビルで実証実験を開始

エレベーターとの連携で階を跨いだ自動配車

 パーソナルモビリティ『WHILL自動運転システム』とエレベータ・セキュリティシステムの連携についての実証実験を開始することを「WHILL」が発表。具体的には、自動運転技術を備えた車いす『WHILL自動運転システム』が、通信回線を使いエレベータと連携し、異なる階にいる利用者を使って迎えに行くというもの。

【関連記事】「車庫入れ」が超上手になる練習法を伝授!  JAF主催のセミナーが「驚きの充実度」だった

画像はこちら この実証実験は、三菱電機、Liquidと共同で行なうもので、東京・大手町に2月1日にオープンしたコラボラティブスペース「Inspired.Lab」でスタートする。 既存の交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を行うことを目指しているWHILLは、現在空港などでの利用を視野に入れた、自動停止・自動運転機能を持つパーソナルモビリティ「WHILL自動運転システム」の試みを行ってきている。
 しかし、モビリティ単体の開発だけでは、ラストワンマイルの移動の最適化は実現しないと考え、建物などとの連携が不可欠だとしている。

 この実証実験は「WHILL自動運転システム」を用いて、パーソナルモビリティと建物のIoTによる連携を行うというもの。
 具体的には、建物内のエレベーターとWHILLが通信回線でつながることで、無人のWHILLが近づくとエレベーターがWHILLのいる階に停止し、目的の階までWHILLを送り届けるというもの。つまり、異なる階を跨いだ自動走行が可能としているのだ。

 このような連携によって、特定の場所にWHILLが利用者を迎えに行くことや、到着後に乗り捨てたWHILLが自動で待機場所に戻っていくなどの運用が可能となる。将来的には、これから得た知見は、物流ロボット、清掃ロボット、警備ロボットなどと建物の連携に生かされることも期待できるという。

「街中をWHILLが走り、必要な時に呼んだら自動で来てくれ、目的地についたら自動で帰っていく、もしくは街を回遊しているWHILLに好きな時に乗れる、そんな未来図を実現することで、これまでの“電動車椅子”のイメージを大きく変えられると信じています」とWHILLの福岡宗明取締役兼CTOはコメントしている。

画像ギャラリー