ホンダ ドリームCB750Four 生誕50周年! 世界を驚愕させた初の200km/hオーバー市販オートバイ (1/2ページ)

ホンダ ドリームCB750Four 生誕50周年! 世界を驚愕させた初の200km/hオーバー市販オートバイ

世界のマーケットをターゲットに開発!

 ホンダのCBシリーズといえば、おそらく世界で一番売れている単一車種シリーズのオートバイだ。その中でも一際、存在感を輝かせるのが1969年に衝撃的にデビューを果たしたCB750Fourではないだろうか。それまでの欧米製2輪車の常識を覆すエポックメイキングなOHC空冷並列4気筒750ccマシン、CB750Fourが世に出てから今年で50年を迎えた。ホンダ ドリームCB750Fourが50周年

レース用バイクとして登場した初代CB

 実はCBシリーズの元祖は、1963年に登場したホンダベンリーCB92スーパースポーツというモデルだった(ベンリーは当時250cc以下に付けられた)。元々はC92という実用車バイクをベースに当時盛り上がっていたアマチュアレース用にホンダが開発したのが、このベンリーCB92スーパースポーツだ。ホンダ ドリームCB750Fourが50周年

 いまから約60年前のスペックが当時としては驚異的で、OHC空冷2気筒125ccエンジンは吸排気系をチューニングして1万500回転(!)で15馬力を絞り出していた。またシルバーと赤に塗り分けられた大胆なデザインや燃料タンク形状が真上から見るとドクロのように見えることから「ドクロタンク」と呼ばれ親しまれた。ホンダ ドリームCB750Fourが50周年

 もちろんその性能は折り紙つきで伝説的な「浅間火山レース」ではホンダワークスマシンを抑え、市販のベンリーCB92スーパースポーツが優勝する快挙を成し得たのだ。これでCB92の人気はさらに爆発的となった。

 この後に登場したのが、ホンダドリームCB72スーパースポーツという250ccのスポーツバイクだ(ドリームは当時250cc以上に付けられた)。こちらのモデルも1950年代後半から盛り上がりを見せた「クラブマンレース」用に参加するための車両としてC71をベースに大幅にブラッシュアップして開発された。ホンダ ドリームCB750Fourが50周年

 それまで浅間火山レースやイギリスのマン島TTレースで得たノウハウを注ぎ込み、日本はもちろんアメリカやヨーロッパにも輸出され大人気となった。特に排気量を305ccとしたドリームCB77スーパースポーツは最高出力28馬力/9000回転で最高速度160km/h(カタログデータ)など、欧米の450ccクラスをも凌ぐ性能で人気となった。


画像ギャラリー