新開発1.2リッター直3ターボをプジョー308に搭載!5ドアとステーションワゴンに設定

新開発1.2リッター直3ターボをプジョー308に搭載!5ドアとステーションワゴンに設定

欧州の新環境規制をクリアした新型エンジン

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー主力モデルの一つ、ハッチバックの「308」に新型ガソリンエンジン、8速 オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを搭載する新モデルを発売した。

 308は、現在1.5リッターと2リッターの直4ディーゼルターボをラインアップ。市街地で使い勝手の良い5ドアハッチバックの「308Allure」、アウトドアなどで活躍するステーションワゴンの「308SW AllUre」には、最新の欧州環境規制に対応した新1.2リッター直3ガソリンターボ(EB2エンジン)に、新世代電子制御8速オートマチックEAT8を組み合わせたパワートレインを搭載。また、運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを標準搭載した特別仕様車「308GTLine」にも同パワートレインを採用する。プジョー308に新開発1.2リットルターボエンジンを搭載

 新型1.2リッター3気筒ガソリンターボエンジンは、新しい欧州環境規制EURO6.2に対応するべく、新インジェクションシステムを採用し、パフォーマンスを維持しつつ、さらなる排ガス基準に対応するために燃料噴射ポンプの圧力は250バールにアップ。センサーを2つに増強し、ガソリン専用のGPF(Gasoline Particle Filter)を採用。ターボチャージャーは電子制御式となっている。プジョー308に新開発1.2リットルターボエンジンを搭載

 また、トランスミッションは、308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用していた新世代電子制御パドルシフト付き8速オートマチックのEAT8。このトランスミッション搭載モデルでは、下記の3つのドライブモードを選択可能だ。

  1. エコモード:エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献
  2. 通常モード:シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートの最適化
  3. スポーツモード:シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更

プジョー308に新開発1.2リットルターボエンジンを搭載

 エコモード時は、新搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費アップ。ちなみに燃費は、308 Allure、308 SW Allureともに17.0km/L(JC08モード)、15.6km/L(WLTCモード)。プジョー308に新開発1.2リットルターボエンジンを搭載

 その他、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロールを全車標準装備し、Peugeotミラースクリーン(Apple™ CarPlayに対応)を搭載する。プジョー308に新開発1.2リットルターボエンジンを搭載

 


画像ギャラリー