ジュラルミン削り出しで超軽量! GT-R・フェアレディZカードケース&名刺ケースが発売

ジュラルミン削り出しで超軽量!  GT-R・フェアレディZカードケース&名刺ケースが発売

「ギルドデザイン」製作の機能美が光る逸品

 2018年で初代登場から50周年を迎えた日産のGT-RとフェアレディZ。そんな名車2台をモチーフとしたカードケース/名刺ケースが登場した。

 製作したのは「ギルドデザイン」。バイクのカスタムパーツ製造からスタートした職人集団で、高い切削加工技術が生み出す「無駄を省いた機能美」で人気のメーカーだ。MADE IN JAPANにこだわり、高剛性のジュラルミンの無垢材からケースなどを仕上げる。スマホのケースやアクセサリー、名刺入れなどを商品ラインアップに揃えている。

【関連記事】まるでプライベートジェット? 「豪華」にも程があるハイエースの「室内リフォーム」3選

GT-RとフェアレディZの50周年を記念した名刺入れとカードホルダー画像はこちら

 今回登場したのは下記の3種類。

・GT-R・IDカードケース:第二世代最後のBNR34型スカイラインGT-Rをモチーフに、メインボディカラーだったベイサイドブルーをイメージし、ブルーのアルマイト処理を施す。特徴的な丸目リアランプとロゴが描かれたカードケースだ。GT-RとフェアレディZの50周年を記念した名刺入れとカードホルダー画像はこちら

・GT-R名刺ケース:バックに第二世代最初のBNR32型スカイラインGT-Rをモチーフにしたイラストを配し、搭載していたRB26DETTエンジンのヘッドカバーのイメージが描かれた名刺ケース。マニアならこれがBNR32(BCNR33も)に搭載されていたエンジンとわかるほど、忠実に再現されている。GT-RとフェアレディZの50周年を記念した名刺入れとカードホルダー画像はこちら

・フェアレディZ名刺ケース:初代S30型フェアレディZのホットモデル「432」をモチーフにしたイラストを施した名刺ケース。この432のエンジンは、初代スカイラインGT-Rが搭載していたS20型2リッター直6DOHCエンジンというのにも、今回の50周年記念という意義を感じさせる。

GT-RとフェアレディZの50周年を記念した名刺入れとカードホルダー画像はこちら

 どれもさすがはギルドデザイン製と唸らせるジュラルミン削り出しで高品位な仕上がり。極めてスタイリッシュだ。仕事でももちろん使えるし、気づいた取引先の方とGT-RやフェアレディZ の話題で盛り上がり、思わぬ大きな取引につながる……かもしれない。GT-RとフェアレディZの50周年を記念した名刺入れとカードホルダー画像はこちら

 このカードケース/名刺ケースは、そごう横浜店で5月14日〜5月25日まで開催されている「GT-R・FAIRLADY Z 50th Anniversary」にて先行発売されている。

【詳しくはこちら】
■商品仕様
・IDカードケース
価格:5500円(税抜き) サイズ:91×60×4.5mm 素材:本体/ジュラルミン
付属品:ネックストラップ・磁気エラー防止カード 製造国:本体/日本
・名刺ケース
価格:各1万2000円(税抜き) サイズ各:62×110×9mm 素材:本体/ジュラルミン 製造国:日本

■催事概要
メインタイトル:GT-R・FAIRLADY Z 50th Anniversary inそごう横浜店
サブタイトル :〜世界が認めた日産スポーツカー〜
公式サイト:https://gtrz50y.com/
開催場所:そごう横浜店 9階センタープラザ
会場所在地:〒220-0011神奈川県横浜市西区高島2-18-1
開催期間:2019年5月14日(火)〜2019年5月25日(土)
開催時間:各日10:00〜20:00(最終日のみ18:00まで)

画像ギャラリー