ル・マン24時間レースのパブリックビューイングが「MEGA WEB」と「トレッサ横浜」で開催

ル・マン24時間レースのパブリックビューイングが「MEGA WEB」と「トレッサ横浜」で開催

お台場ではTOYOTA TS050 HYBRIDを展示

 6月15(土)・16日(日)、富士スピードウェイは、『ル・マン24時間レース』のパブリックビューイングを東京都・お台場「MEGA WEB」で開催。また16日(日)には神奈川県横浜市港北区の「トレッサ横浜」でもパブリックビューイングを行なうと発表した。

 今年で87回の開催となるル・マン24時間レースは、「2018-2019 FIA世界耐久選手権(WEC)」の最終戦として、フランス ル・マンのサルトサーキットで行なわれる。レースは、6月15日(土)15時(日本時間15日22時)にスタートし、24時間先のゴールを目指す。

 MEGA WEB、トレッサ横浜の各パブリックビューイング会場にて、ル・マン24時間レースの模様をライブで観ることができるわけだ。それぞれの詳細は以下のとおり。富士スピードウェイはル・マン24時間レース 2019のパブリックビューイングを実施

「J SPORTS presents ル・マン24時間レース パブリックビューイング in MEGA WEB」

 2日間のイベントでは、決勝レーススタート直後のトップ争いや、ゴールに向けた終盤、表彰式の模様などをライブ放映するほか、TOYOTA TS050 HYBRIDの展示も実施。様々な24時間レース参戦経験を持つ、レーシングドライバーの木下隆之氏、2017年ル・マン24時間レースに参戦した国本雄資選手をゲストとして迎える。

 また、各日先着180名様にTOYOTA GAZOO Racingグッズをプレゼント。さらに、会場では「2019-2020 FIA 世界耐久選手権 第2戦 富士6時間耐久レース」の前売観戦チケットをイベント限定特別価格で販売する。

開催日時:6月15日(土)21:00~23:00、16日(日)20:30~22:30

 

「ル・マン24時間レース パブリックビューイング」

 トレッサ横浜内GRガレージ店頭では、6月16日(日)、10時から17時まで「ル・マン24時間レース」のライブ放映を実施。また、女性レーサーのみが競う「KYOJO CUP」のドライバートークショーも行なう。

 同日17時以降は、トレッサ横浜内リヨン広場の大型スクリーンにて24時間レースのライブ放映を実施。さらに、同会場には1992年のル・マン24時間レースに参戦したTOYOTA TS010を展示するほか、広場内に特設する富士スピードウェイブースにて「2019-2020 FIA 世界耐久選手権 第2戦 富士6時間耐久レース」の前売観戦チケットをイベント限定特別価格で販売する。

開催日時: 6月16日(日)10:00~レース終了まで


画像ギャラリー