NASCARトラック・シリーズ第17戦 、日本人オーナーチームHREはプレイオフ第1戦10位

NASCARトラック・シリーズ第17戦 、日本人オーナーチームHREはプレイオフ第1戦10位

スピンやクラッシュが多発でレースは大荒れ

 年間23戦が行われる「NASCAR(ナスカー)」トラック・シリーズは、8月10日にアメリカ・ミシガンで開催された第16戦を終え、8月15日にテネシーで開催された第17戦「NASCAR Gander Outdoors Truck Series Race at Bristol」からプレイオフ(最後の7戦、選抜上位ドライバーで競われるシリーズチャンピオン決定戦)第1ステージとなる。ここからの3戦でプレイオフ進出ドライバーの中で6番手にまで入っていなければ、第2ステージに進むことができない。

「Hattori Racing Enterprises(HRE)」は、現在アメリカでもっとも人気のある自動車レース「NASCAR(ナスカー)」で唯一の日本人オーナーチームである。その代表を務める服部茂章氏は、ピックアップトラックを模したレーシングマシンで競われる「2019NASCAR Gander OutdoorsTruck」シリーズ(トラック・シリーズ)をメインに参戦を続けている。今回は、エクスフィニティシリーズ第22戦「 Food City 300」へトヨタGRスープラでスポット参戦。さらに地方シリーズ戦であるNASCARK&N Pro Series 第9戦への参戦と、チームとして初めて3カテゴリーへの同時参戦となった。

 第17戦の舞台は、テネシーのブリストル・モーター・スピードウェイ。1周0.533マイル(858m)というショートオーバルで、最大28度という深いバンク角を持ち、滑りやすいコンクリート路面の高速トラックである。またコース全周をスタンド席が囲む独特の雰囲気を持っている。第17戦では、第1ステージ55周・第2ステージ55周、最終ステージ90周の計200周(約170 km)で競い合うこととなる。

 ミシガンの第16戦でプレイオフ進出を優勝で飾ったHREの16号車。午前中に行われたフリー走行ではトップ・タイムを出し好調さをアピールしたものの、予選は8番手で終了。レースは4列目アウトサイドからのスタートとなった。レース序盤はトップ10圏内をキープしながらの走行を続け、第1ステージは10位で終了。

 コンクリート路面はグリップの変化も激しく、第2ステージは多重クラッシュが頻発する。そこでも16号車をドライブするオースティン・ヒル選手は慎重にマシンをコントロールし11位で終了した。

 最終ステージは123周目、13位からスタート。この最終ステージも多重クラッシュが頻発し、赤旗でレースが中断するなど、非常に荒れた展開となった。赤旗中断が解除されたタイミングでチームは16号車をピットに戻し、最後のピットワークを行い、174周目に17番手でリスタート。ヒル選手はクラッシュに巻き込まれないようにしながらも、ここから果敢に攻め10位でチェッカーフラッグを受けた。

 今回のレースではプレイオフ進出ドライバーの中では6番手であったが、各ステージで獲得したポイント差でランキングは7位に後退することとなってしまった。NASCAR Gander Outdoors Truckシリーズ、次戦は、8月25日(日)にカナダのオンタリオ州にあるカナディアン・タイヤ・・モータースポーツ・パークで開催される「Chevrolet Silverado 250」となる。

 


画像ギャラリー